« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007/12/27

WRC:2008年WRCカレンダー

No. Date Rally Nation
1 01月24日-27日 モンテカルロラリー モナコ
2 02月08日-10日 スウェディッシュラリー スウェーデン
3 02月29日-02日 メキシコラリー メキシコ
4 03月28日-30日 アルゼンチンラリー アルゼンチン
5 04月25日-27日 ヨルダンラリー ヨルダン
6 05月16日-18日 サルディニアラリー イタリア
7 05月30日-01日 アクロポリスラリー ギリシャ
8 06月13日-15日 トルコラリー トルコ
9 07月31日-03日 フィンランドラリー フィンランド
10 08月15日-17日 ドイツラリー ドイツ
11 08月28日-31日 ニュージーランドラリー ニュージーランド
12 10月02日-05日 スペインラリー スペイン
13 10月10日-12日 フランスラリー フランス
14 10月31日-02日 ラリー・ジャパン 日 本
15 11月28日-30日 ウェールズラリー イギリス

| | トラックバック (0)

2007/12/04

PWRC:三菱 ウェールズラリー第3レグニュース

Mb03p2007年FIA世界ラリー選手権(WRC)第16戦(最終戦)
2007年FIAプロダクションカー世界ラリー選手権(PWRC)第8戦(最終戦)
ラリー・グレートブリテン
12月2日(日) 最終・第3レグ
スワンジー~スワンジー(総走行距離 460.64km)
SS14~17 (SS総走行距離 114.26km)

三菱ランサーエボリューションのG・ウィルクスがPWRC、グループN初優勝
ランサーエボリューションがPWRC、グループNともトップ4を独占

2007年FIA世界ラリー選手権(WRC)第16戦およびFIAプロダクションカー世界ラリー選手権(PWRC)第8戦ラリー・グレートブリテンは12月2日(日)に第3レグとして合計4本のSSが行われ、三菱ランサーエボリューションで出場のガイ・ウィルクス(イギリス)が合計タイム3時間44分23秒7でPWRC初出場初優勝、同時にグループN優勝を果たした。

PWRC2位(グループN2位)はユッホ・ハンニネン(フィンランド、ランサーエボリューション)、PWRC3位(グループN3位)はマーク・ヒギンス(イギリス、ランサーエボリューション)、PWRC4位(グループN4位)はアレッサンドロ・ベッテガ(イタリア、ランサーエボリューション)とPWRC、グループN4位までをランサーエボリューションが占める結果になった。

なお、WRC総合優勝はミッコ・ヒルボネン(フィンランド、フォード・フォーカスRS WRC07)、総合2位はマーカス・グロンホルム(フィンランド、フォード・フォーカスRS WRC07)、総合3位はセバスチャン・ローブ(シトロエンC4WRC)で、ローブは4年連続4度目となるWCRドライバーズチャンピオンを手にした。

続きを読む "PWRC:三菱 ウェールズラリー第3レグニュース"

| | トラックバック (0)

2007/12/03

PWRC:スバル ウェールズラリー第3レグニュース

Subaru03pLEG THREE
超難関コンディションの最終日、SUBARU勢の完走わずか4台
新井敏弘の今季チャンピオンが確定

FIAプロダクションカー世界ラリー選手権(P-WRC)最終戦となる第8戦「ウェールズ・ラリー・GB」(FIA世界ラリー選手権=WRC最終戦第16戦併催)は12月2日、競技最終日となるレグ3が行われた。
レグ1,2同様、クルー陣は最後の4ステージでも、強風と横殴りの雨という過酷なコンディションの中での走行を強いられた。
P-WRCにエントリーしていた9台のSUBARU勢のうち、完走を果たしたのは半数以下。
ウェールズ・ラリー・GBがいかに厳しいイベントであるかを如実に表す結果となった。
激しい変化を見せる空には時折明るい日差しが見られることもあったが、それもサービス中のほんの一瞬のことだった。

この日は、ウェールズ屈指の名ステージであるブレックファ、トラウスコードといずれも28km超の2本のステージで構成され、総ステージ走行距離は約114km。
最初のループのコンディションは、ロングストレートでも視界が確保できず酷いという言葉が適するような状況となった。

続きを読む "PWRC:スバル ウェールズラリー第3レグニュース"

| | トラックバック (0)

WRC:スバル ウェールズラリー第3レグニュース

Subaru03LEG THREE
ラリー・GB レグ3 今季最終戦、ソルベルグが4位でフィニッシュ

スタート
108台のエントリー中、98台が最終日に向けてサービスパークを出発した。

ルート
最終日に設定された2本のステージは、ブレックファが28.89km、トラウスコードは28.24kmと、このイベントの最長SS。
両ステージとも、ブレックファの深い森を抜けていくワインディングなグラベル路で、このラリーで最もマディ。
クルーは、カーディフでのセレモニアルフィニッシュでイベントの締めくくりを迎えた。

天気
この日は激しい雨と強い風で始まり、この天候が午後まで続いた。気温は8-12度。

SUBARUワールドラリーチームの概要
SUBARUワールドラリーチームは(SWRT)、SUBARUインプレッサWRC2007のペター・ソルベルグ、地元ウェールズ出身のコ・ドライバー、フィル・ミルズのクルーが4位に入賞して堅実な展開を見せた週末を終えた。
チームメイトのクリス・アトキンソン/ステファン・プレボ組、チェビー・ポンス/チェビー・アミーゴ組もトップ10でのフィニッシュを果たした。

続きを読む "WRC:スバル ウェールズラリー第3レグニュース"

| | トラックバック (1)

PWRC:2007年シリーズ・ポイント表(Rd.8/8)

Wrc_logo

N0. Driver Nat. Car Point
1 新井 敏弘 JPN Subaru Impreza WRX 39
2 G.ポッゾ ARG Mitsubishi Lancer Evo 30
3 M.ヒギンズ GBR Mitsubishi Lancer Evo 25
4 N.マクシア GBR Subaru Impreza WRX 21
5 J.ハンニネン FIN Mitsubishi Lancer Evo 18
6 M.バルダッチ RSM Subaru Impreza WRX 14
7 奴田原 文雄 JPN Mitsubishi Lancer Evo 13
8 K.ソウルベルグ FIN Subaru Impreza WRX 12
9 N.アルアティヤ QAT Subaru Impreza WRX 12
10 O.スヴェルンド SWE Subaru Impreza WRX 10
11 F.ビラグラ ARG Mitsubishi Lancer Evo 10
12 G.ウィルクス GBR Mitsubishi Lancer Evo 10
13 A.アイグナー AUT Mitsubishi Lancer Evo 10
14 A.アラウージュ POL Mitsubishi Lancer Evo 8
15 鎌田 卓麻 JPN Subaru Impreza WRX 9
16 A.アレン FIN Subaru Impreza WRX 8
17 L.クザジ POL Subaru Impreza WRX 8
18 S.フォズテク TCZARG Mitsubishi Lancer Evo 7
19 R.メイソン NZL Subaru Impreza WRX 6
20 S.カンペデリ ITAARG Mitsubishi Lancer Evo 6
21 E.ベルトノフ RUS Subaru Impreza WRX 5
22 T.パストラナ USA Subaru Impreza WRX 5

    同ポイントの順位はFIAによる

| | トラックバック (0)

WRC:2007年シリーズ・ポイント表(Rd.16/16)

Wrc_logo

N0. Driver Nat. Car Point
1 S.ロウブ FRA Citroen C4 WRC 116
2 M.グロンホルム FIN Ford Focus RS WRC 112
3 M.ヒルボネン FIN Ford Focus RS WRC 99
4 D.ソルド ESP Citroen C4 WRC 65
5 P.ソルベルグ NOR Subaru Impreza WRC 47
6 H.ソルベルグ NOR Ford Focus RS WRC 34
7 C.アトキンソン AUS Subaru Impreza WRC 31
8 J-M.ラトバラ FIN Ford Focus RS WRC 30
9 M.ストール AUT Citroen Xsara WRC 13
10 F.デュバル GER Citroen Xsara WRC 12
11 M.ウィルソン GBR Ford Focus RS WRC 11
12 J.コペッキー CTZ Skoda Fabia WRC 10
13 T.ガルデマイスター FIN Mitsubishi Lancer WRC 10
14 D.カールソン SWE Citroen Xsara WRC 9
15 G.ガリ ITA Citroen Xsara WRC 5
16 L-P.コンパンク AUS Ford Focus RS WRC 4
17 X.ポンス ESP Subaru Impreza WRC 4
18 G.ウィルクス GBR Ford Focus RS WRC 3
19 U.アーバ EST Mitsubishi Lancer WRC 3
20 F.ビラグラ ARG Ford Focus RS WRC 2
21 M.エストベルグ NOR Subaru Impreza WRC 1
22 G.マクヘイル IRL Ford Focus RS WRC 1
23 J.ハンニネン FIN Mitsubishi Lancer WRC 1
24 田口 勝彦 JPN Mitsubishi Lancer Evo 1


N0. Manufactures Point
1 BPフォード・ワールド・ラリー・チーム 212
2 シトロエン・トータル・WRT 183
3 スバル・ワールド・ラリー・チーム 87
4 ストバルト・M-Sport・フォードRT 81
5 OMV・クロノス・シトロエン・WRT 45
6 Munchi'sフォード・ワールド・ラリー・チーム 14

    WRC画像
    2007年カレンダー

| | トラックバック (0)

WRC:Rd.16 ウェールズラリー第3レグ結果(12/02)

N0. Driver Nat. Car Class Time(Dif.)
1 M.ヒルボネン FIN Ford Focus RS WRC A8 03h22'50.9
2 M.グロンホルム FIN Ford Focus RS WRC A8 -00'15.2
3 S.ロウブ FRA Citroen C4 WRC A8 -01'33.0
4 P.ソルベルグ NOR Subaru Impreza WRC A8 -02'57.3
5 D.ソルド ESP Citroen C4 WRC A8 -03'14.3
6 M.ウィルソン GBR Ford Focus RS WRC A8 -07'32.9
7 C.アトキンソン AUS Subaru Impreza WRC A8 -08'29.5
8 M.ストール AUT Citroen Xsara WRC A8 -08'54.6
9 X.ポンズ ESP Subaru Impreza WRC A8 -09'48.8
10 J-M.ラトバラ FIN Ford Focus RS WRC A8 -10'42.4
11 M.エストベルグ NOR Subaru Impreza WRC A8 -10'43.9
12 J.コペッキー CTZ Skoda Fabia WRC A8 -12'46.6
13 G.ウィルクス GBR Mitsubishi Lancer Evo N4 -21'32.8
14 H.ソルベルグ NOR Ford Focus RS WRC A8 -22'02.8
15 J.ハンニネン FIN Mitsubishi Lancer Evo N4 -22'07.0
16 M.ヒギンズ GBR Mitsubishi Lancer N4 -23'19.3

    総合 88位まで確認
    WRC画像

| | トラックバック (0)

2007/12/02

PWRC:三菱 ウェールズラリー第2レグニュース

Mb02p2007年FIA世界ラリー選手権(WRC)第16戦(最終戦)
2007年FIAプロダクションカー世界ラリー選手権(PWRC)第8戦(最終戦)
ラリー・グレートブリテン
12月1日(土) 第2レグ
スワンジー~スワンジー(総走行距離 504.50km)
SS7~13(SS総走行距離 140.80km)

三菱ランサーエボリューションのG・ウィルクスがPWRC1位を堅持
PWRCトップ5をランサーエボリューションが占める

2007年FIA世界ラリー選手権(WRC)第16戦およびプロダクションカー世界ラリー選手権(PWRC)第8戦ラリー・グレートブリテンは12月1日(土)に第2レグとして合計7本のSSが行われ、三菱ランサーエボリューションで出場のガイ・ウィルクス(イギリス)が合計タイム2時間31分51秒4で第1レグに続いてPWRC1位(グループN1位)となった。
PWRC2位(グループN2位)はマーク・ヒギンス(イギリス、ランサーエボリューション)、PWRC3位(グループN3位)はユッホ・ハンニネン(フィンランド、ランサーエボリューション)という結果になった。

なお、WRC総合1位はミッコ・ヒルボネン(フィンランド、フォード・フォーカスRS WRC07)、総合2位はマーカス・グロンホルム(フィンランド、フォード・フォーカスRS WRC07)、総合3位はセバスチャン・ローブ(シトロエンC4WRC)となっている。

続きを読む "PWRC:三菱 ウェールズラリー第2レグニュース"

| | トラックバック (0)

PWRC:スバル ウェールズラリー第2レグニュース

Subaru02pLEG TWO
SUBARU勢、果敢にポジション争いを展開

FIAプロダクションカー世界ラリー選手権(P-WRC)最終戦となる第8戦「ウェールズ・ラリー・GB」(FIA世界ラリー選手権=WRC最終戦第16戦併催)は12月1日、レグ2が行われた。
今季P-WRCの最終戦は、豪雨の中、引き続き難コンディションとなったが、初日よりもかなり安定した。
インプレッサ勢はこの日も苦戦を強いられ、このレグを終えてポイント圏内につけているのはわずか2台となった。

前日とは異なり、この日は3本のステージ(クライケン、エッペン、ハーフウェイといずれもGB屈指の名SS)のループを、日中サービスを挟んで2回走行した後、カーディフにあるミレニアム・スタジアムでの屋内スーパーSSで締めくくりを迎えた。

続きを読む "PWRC:スバル ウェールズラリー第2レグニュース"

| | トラックバック (1)

WRC:スバル ウェールズラリー第2レグニュース

Subaru02_2LEG TWO
ラリー・GB レグ2 ウェールズを襲った豪雨の中、ソルベルグが4位を死守

スタート
108台のエントリー中、107台がレグ2に向けてサービスパークを出発した。

ルート
この日のレグは、7SSが設定された。
最初の3ステージのループ2回は、ブレコン・ビーコンの奥にまで設定され、その後、クルーはカーディフに向かい、ミレニアム・スタジアムでの屋内スーパーSSに挑んだ。
この日はイベント最短レグで、総ステージ走行距離は約104km。

天気
朝、マシンがサービスパークを出発する前から強い雨が降り始め、その後も雨はこの日を通して降り続いた。気温は3-7度。

続きを読む "WRC:スバル ウェールズラリー第2レグニュース"

| | トラックバック (0)

WRC:Rd.16 ウェールズラリー第2レグ結果(12/01)

N0. Driver Nat. Car Class Time(Dif.)
1 M.ヒルボネン FIN Ford Focus RS WRC A8 02h16'27.3
2 M.グロンホルム FIN Ford Focus RS WRC A8 -00'35.5
3 S.ロウブ FRA Citroen C4 WRC A8 -01'15.0
4 P.ソルベルグ NOR Subaru Impreza WRC A8 -02'26.3
5 D.ソルド ESP Citroen C4 WRC A8 -02'56.9
6 C.アトキンソン AUS Subaru Impreza WRC A8 -05'49.9
7 M.ウィルソン GBR Ford Focus RS WRC A8 -05'59.9
8 M.ストール AUT Citroen Xsara WRC A8 -06'55.4
9 X.ポンズ ESP Subaru Impreza WRC A8 -07'46.4
10 M.エストベルグ NOR Subaru Impreza WRC A8 -09'28.6
11 J.コペッキー CTZ Skoda Fabia WRC A8 -09'39.1
12 J-M.ラトバラ FIN Ford Focus RS WRC A8 -10'19.5
13 L-P.コンパンク AUS Ford Focus RS WRC A8 -13'20.9
14 G.ウィルクス GBR Mitsubishi Lancer Evo N4 -15'24.1
15 M.ヒギンズ GBR Mitsubishi Lancer N4 -16'31.8
18 H.ソルベルグ NOR Ford Focus RS WRC A8 -20'48.1

    総合 71位まで確認
    WRC画像

| | トラックバック (2)

2007/12/01

PWRC:三菱 ウェールズラリー第1レグニュース

Mb01p2007年FIA世界ラリー選手権(WRC)第16戦(最終戦)
2007年FIAプロダクションカー世界ラリー選手権(PWRC)第8戦(最終戦)
ラリー・グレートブリテン
11月30日(金) 第1レグ
スワンジー~スワンジー(総走行距離 306.80km)
SS1~6(SS総走行距離 140.80km)

2007年 WRC第16戦・PWRC第8戦ラリー・グレートブリテン第1レグ
三菱ランサーエボリューションのG・ウィルクスがPWRC1位に
トップ4をランサーエボリューションが占める
G・ポッゾは惜しくもレグリタイア

2007年FIA世界ラリー選手権(WRC)第16戦(最終戦)およびプロダクションカー世界ラリー選手権(PWRC)第8戦(最終戦)ラリー・グレートブリテンは11月30日(金)に第1レグとして合計6本のSSが行われ、三菱ランサーエボリューションで地元推薦枠で出場のガイ・ウィルクス(イギリス)が合計タイム1時間27分18秒8でPWRC1位(グループN1位)となった。
PWRC2位(グループN2位)は同じく地元推薦枠で出場しているグインダフ・エヴァンス(イギリス、ランサーエボリューション)、PWRC3位(グループN3位)にはユホ・ハンニネン(フィンランド、ランサーエボリューション)、PWRC4位(グループN4位)はマーク・ヒギンス(イギリス、ランサーエボリューション)とトップ4をランサーエボリューションが独占した。

なお、WRC総合1位はミッコ・ヒルボネン(フィンランド、フォード・フォーカスRS WRC07)、総合2位はマーカス・グロンホルム(フィンランド、フォード・フォーカスRS WRC07)、総合3位はセバスチャン・ローブ(フランス、シトロエンC4WRC)という順位になっている。

続きを読む "PWRC:三菱 ウェールズラリー第1レグニュース"

| | トラックバック (2)

PWRC:スバル ウェールズラリー第1レグニュース

Subaru01pLEG ONE
今季最終戦の初日は超難関コンディションで大波乱

FIAプロダクションカー世界ラリー選手権(P-WRC)最終戦となる第8戦「ウェールズ・ラリー・GB」(FIA世界ラリー選手権=WRC最終戦第16戦併催)は11月30日、競技初日を迎え、霧と雨で始まったこの日、午後になると強風も吹き荒れる悪コンディションとなった。
この乱調の中、ペースダウンを余儀なくされるドライバーも多く、最終ステージでは先行車のライトを頼りにしての走行となる事態となった。

この日は3本のステージを2回ループする6SSの設定。
インプレッサ勢では、パトリック・フロディン、イフゲニー・ヴェルツノフ、ミルコ・バルダッチ、レチェック・クザイ、トラヴィス・パストラーナ、スピロス・パブリデ、ロリス・バルダッチが参戦した。

続きを読む "PWRC:スバル ウェールズラリー第1レグニュース"

| | トラックバック (1)

WRC:スバル ウェールズラリー第1レグニュース

Subaru01LEG ONE
ラリー・GB レグ1 大荒れコンディションの中、ソルベルグが4位

スタート
108台がレグ1をスタートした。

ルート
木曜日夜にカーディフでのセレモニアルスタートの後、レグ1はスワンジーにあるウォーターフロント施設のサービスパークからスタートし、3本のステージを2回ループした。
スワンジーの北東部に設定されたナローで木が立ち並ぶステージは、ブレコンの丘陵地帯やマーサー・ティドヴィルにまで広がった。
レグ1のステージ走行距離は約141kmとこのラリー最長レグとなった。

天気
レグ1は、高地ステージでは霧で始まり気温は9度。
SS4までには激しい雨が降り始め、午後まで続いた。

続きを読む "WRC:スバル ウェールズラリー第1レグニュース"

| | トラックバック (0)

WRC:Rd.16 ウェールズラリー第1レグ結果(11/30)

N0. Driver Nat. Car Class Time(Dif.)
1 M.ヒルボネン FIN Ford Focus RS WRC A8 01h17'21.3
2 M.グロンホルム FIN Ford Focus RS WRC A8 -00'39.6
3 S.ロウブ FRA Citroen C4 WRC A8 -00'39.6
4 P.ソルベルグ NOR Subaru Impreza WRC A8 -01'34.0
5 D.ソルド ESP Citroen C4 WRC A8 -02'37.9
6 M.ウィルソン GBR Ford Focus RS WRC A8 -05'01.3
7 C.アトキンソン AUS Subaru Impreza WRC A8 -05'02.3
8 M.ストール AUT Citroen Xsara WRC A8 -05'37.9
9 X.ポンズ ESP Subaru Impreza WRC A8 -05'57.5
10 A.ミケルセン NOR Ford Focus RS WRC A8 -06'41.8
11 J.コペッキー CTZ Skoda Fabia WRC A8 -07'39.4
12 M.エストベルグ NOR Subaru Impreza WRC A8 -08'11.4
13 G.ウィルクス GBR Mitsubishi Lancer Evo N4 -09'57.5
14 G.エバンス GBR Mitsubishi Lancer Evo N4 -10'00.7
15 J-M.ラトバラ FIN Ford Focus RS WRC A8 -10'46.3

    総合107位まで確認
    WRC画像

| | トラックバック (1)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »