« WRC:Rd.7 イタリアラリーDay1結果(SS.1) | トップページ | WRC:Rd.7 イタリアラリーDay2結果(SS.9) »

2017/06/09

トヨタ・チーム 第1日目リポート

Toyota Yaris WRC (C)Toyota Gazoo Racing
拡大します

WRC 第7戦 ラリー・イタリア サルディニア デイ1

灼熱のグラベルラリーがサルディニア島で開幕
ヤリスWRCは揃って着実なスタートを切る

6月8日(木)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第7戦ラリー・イタリア サルディニアが、サルディニア島北西部のアルゲーロで開幕。
競技初日デイ1として、スーパーSS1本がアルゲーロ近くのイッティリで行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC #10号車)が総合11位、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(ヤリスWRC#12号車)が総合12位、ユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組(ヤリスWRC#11号車)が総合13位となった。

#10号車(ヤリ-マティ・ラトバラ、ミーカ・アンティラ)

ラリー・イタリア サルディニアの競技初日は、大勢の観客が見守る中、全長2kmのスーパーSSで華やかにスタートした。
コースはグラベル(未舗装路)とターマック(舗装路)のミックスサーフェスで、途中にウォータースプラッシュ(川渡り)も設けられた。
そのため、ラリーカーの通過で水が溢れコースはとても滑りやすい状態となり、走行距離は短くとも気を抜く事が許されないトリッキーなステージとなった。
ヤリスWRCのステアリングを握る3名のドライバーは、いずれも着実にスーパーSSを走行し、その後夜間のパルクフェルメ(車両保管)が設定される島北東部のオルビアへと向かった。

トム・フォウラー(チーフ・エンジニア)

サルディニア島でのテストは、いつものようにイベントの直前ではなく、少し前に行なったので、今朝のシェイクダウンでは通常よりも多く走りました。
前戦のラリー・ポルトガルではクルマの進化を確認する事ができたため、今回は主にサスペンションに関してさらに改良を施してラリーに臨みます。
今晩のスーパーSSは距離が短いため、リスクを冒さず走りきる事を重視しました。
ラリーの本当のスタートは明日です。
サルディニア島の典型的なSSといえる、ツイスティで低速なステージは、トリッキーな場所も多いので十分に注意して走る必要があります。

ヤリ-マティ・ラトバラ (ヤリスWRC #10号車)

シェイクダウンでのクルマのフィーリングは良かったと思います。
しかし、ラリーは明日からが本番です。
3番手という明日のスタート順はこのラリーで勝つためには少々不利なので、もし表彰台に立つ事ができたならば上出来でしょう。
今晩のスーパーSSは、自分としては良い走りだったと思ったのですが、タイムはそれほど良くありませんでした。
とはいえ、とても距離の短いSSなので問題はありません。

ユホ・ハンニネン (ヤリスWRC #11号車)

レッキ(コースの下見走行)、シェイクダウンとすべて順調に進み、ラリーに向けて良い準備をする事ができました。
スーパーSSでは、ウォータースプラッシュ後のコーナーが水で非常に滑りやすくなっていたため、スライドしてクルマのサイドをヒットしてしまいましたが、幸いにも大きなダメージはありませんでした。

エサペッカ・ラッピ(ヤリスWRC #12号車)

私の仕事はクルマのデータを収集する事だと理解しているので、集中して戦いに臨みます。
いずれにせよ、このラリーは注意深く走る事が重要です。
スーパーSSは素晴らしいショーステージでしたが、路面がとても滑りやすく、かなりドリフトしてしまいました。
明日からのSSに関しては、とにかく冷静さを保つ事が大切です。
リスクを冒すよりも、少し抑えて走ったほうが、きっと良い結果を得られるでしょう。

Topics
ラリー・イタリアは2004年以降地中海のサルディニア島を舞台に開催されているが、それ以前はWRC開始初年度の1973年から2003年までイタリア本土のサンレモ周辺で行われていた。
現在のラリー・イタリア サルディニアのSSは、有名なコスタ・スメラルダ(エメラルド海岸)ラリーのコースが基になっている。
初開催は1978年という伝統あるコスタ・スメラルダ・ラリーで、トヨタが最後に優勝したのは1998年。
セリカGT-FOURをドライブしたジュゼッペ“プッチ”グロッシが1位となり、さらに2位にもセリカGT-Fourのカルロ・ズケッティが入り、トヨタのラリーカーが1-2フィニッシュを飾った。

明日のステージ情報
競技2日目となる6月9日(金)のデイ2は、サルディニア島北東部の都市オルビアを基点に、島の北部で8本のSSが行われる。
SS2、3、4、5と、その再走ステージであるSS6、7、8、9はいずれもグラベル(未舗装路)が中心のSS。8本のSSの合計距離は125.46km、リエゾン(移動区間)も含めた総走行距離は583.92kmとなっている。

|

« WRC:Rd.7 イタリアラリーDay1結果(SS.1) | トップページ | WRC:Rd.7 イタリアラリーDay2結果(SS.9) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ・チーム 第1日目リポート:

« WRC:Rd.7 イタリアラリーDay1結果(SS.1) | トップページ | WRC:Rd.7 イタリアラリーDay2結果(SS.9) »