« WRC:Rd.7 イタリアラリーDay3結果(SS.15) | トップページ | WRC:Rd.7 イタリアラリーDay4結果(最終:SS.19) »

2017/06/11

トヨタ・チーム 第3日目リポート

Toyota Yaris WRC (C)Toyota Gazoo Racing
拡大します

WRC 第7戦 ラリー・イタリア サルディニア デイ3

ヤリ-マティ・ラトバラの2位を筆頭に
全選手がポジションアップを果たす

6月10日(土)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第7戦ラリー・イタリア サルディニアの競技3日目デイ3がサルディニア島の北部で行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC #10号車)が総合2位、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(ヤリスWRC#12号車)が総合4位、ユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組(ヤリスWRC#11号車)が総合5位につけ、全選手が前日よりも順位を上げた。

#10号車(ヤリ-マティ・ラトバラ、ミーカ・アンティラ)

ラリー・イタリア サルディニアのデイ3は、島北東部アルゲーロのサービスパークを中心に6本、計143.16kmのSSが行なわれた。
好天により気温はかなり上がり、乾燥したグラベル(未舗装路)は滑りやすく、そしてタイヤとブレーキに厳しい路面コンディションとなった。
そのため多くの選手がパンクやアクシデントに遭遇したが、ヤリスWRCを駆る3クルーは、大きなミスやトラブルなく6本のタフなSSを走破。
ラトバラは、SS12で前を走っていた選手がパンクで遅れたため、コース上で追いついてしまい、なおかつ土煙による視界不良でタイムを失ったが、それでも順位を前日の4位から、2位に上げる事に成功した。

トミ・マキネン(チーム代表)

今年もっともタフなラリーだと思われるサルディニアで、ヤリスWRCは全車が5位以内に入っています。
選手とクルマの強さが証明された形ですが、エンジニアとメカニックの貢献も忘れるべきではありません。
彼らは各サービスで多くの作業をこなし、限られた時間内できっちりと仕事を終え、タイムペナルティを受ける事なくクルマを送り出しているのです。
彼らの素晴らしい働きにも感謝しています。
今日もクルマに大きなトラブルはなく、またパンクもありませんでしたが、それがこのラリーでは非常に重要である事は、周りを見ればきっと理解できるでしょう。

ヤリ-マティ・ラトバラ (ヤリスWRC #10号車)

本日最後のSSではタイヤが完全に摩耗し、ブレーキ温度も上がってしまいました。
しかし、それ以外はうまく行き、コースに合わせてクルマを改善する事ができました。
午前中最後のSS12では、パンクして遅れた他のクルマの後ろをしばらく走り、土煙の中で前が見えず10秒程度を失いました。
どうやら、すぐ後ろを走る自分たちに気がつかなかったようですが、決して少なくないタイムロスですので、チームとして主催者にアピールしました。
失ったタイムを少しでも取り戻す事ができるのではないかと、期待しています。

ユホ・ハンニネン (ヤリスWRC #11号車)

最後のステージでスピンした際にパワーステアリングに問題が起こり、タイムをロスした以外は良い1日でした。
午後のステージでは、タイヤに大きな負担をかけないように全開アタックをひかえ、タイヤをうまく持たせるように気をつけて走り、また、路面が荒れると予想して、日中のサービスで車高を上げて足まわりを硬めましたが、それは正解だったと思います。

エサペッカ・ラッピ(ヤリスWRC #12号車)

今日は出走順が3番手だったので、道の表面には滑りやすいルーズグラベルが多く、それを「掃除」しながら走るのは大変でした。
自分にとっては新しい経験となりましたが、多くを学べたのは良い事だと思います。
思い切り攻めるのではなく、ミスのないスムーズな走りを心がけました。
午前、午後の両方で最後のSSが近づくにつれてブレーキが厳しくなっていったので、クルマに問題が起こらないように、かなり注意深く走りました。
また、午後は気温が上がり、路面がザラついてタイヤには厳しいコンディションとなったので、タイヤを労って走りましたが、それは正しい判断だったと思います。

Topics

WRCで女性ドライバーが初めて優勝したのは、イタリアのイベントだった。
1981年に開催されたラリー・サンレモで、アウディ・クワトロをドライブしたフランス人ドライバーのミッシェル・ムートンは、歴史に残る快挙を達成。
さらに翌1982年、ムートンはラリー・ポルトガル、アクロポリス・ラリー(ギリシア)、ラリー・ブラジルと3勝を記録し、その年のドライバーズ選手権で2位に輝いた。
ムートン以降女性ドライバーによる勝利は現在までないが、コ・ドライバーに関しては、かつてムートンとペアを組んでいたファブリツィア・ポンスが、1997年のラリー・モンテカルロで同郷のイタリア人ドライバーであるピエロ・リアッティと共に優勝を飾っている。

明日のステージ情報

競技4日目最終日となる6月11日(日)のデイ4は、サービスパークが置かれるサルディニア島北西部の都市アルゲーロを中心に、島の北西部で4本のSSが行われる。
SS16、17と、その再走ステージであるSS18、19はグラベル中心のSSとなり、最終ステージのSS19はトップ5タイムを記録した選手に対し、ボーナスの選手権ポイントが与えられるパワーステージに指定されている。
4本のSSの合計距離は42.04km、リエゾン(移動区間)も含めた総走行距離は90.13kmとなっている。

|

« WRC:Rd.7 イタリアラリーDay3結果(SS.15) | トップページ | WRC:Rd.7 イタリアラリーDay4結果(最終:SS.19) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/65396451

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ・チーム 第3日目リポート:

« WRC:Rd.7 イタリアラリーDay3結果(SS.15) | トップページ | WRC:Rd.7 イタリアラリーDay4結果(最終:SS.19) »