« WRC:Rd.4 ツールドコルスday1結果(SS.4) | トップページ | WRC:Rd.4 ツールドコルスday2結果(SS.10) »

2018/04/07

トヨタ・チーム 第1日目リポート

Toyota Yaris WRC (C)Toyota Gazoo Racing
拡大します

WRC 第4戦 ラリー・フランス(ツール・ド・コルス)デイ1

ハイスピードな舗装路で高い競争力を発揮
ラッピがSSベストタイムを記録する

4月6日(金)、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第4戦ラリー・フランス(ツール・ド・コルス)のデイ1がコルシカ島のバスティアを中心に行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組(ヤリスWRC 8号車)が総合4位に、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム(9号車)が総合5位に、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(7号車) が総合8位につけ、ヤリスWRCは全3台は揃ってデイ1を走破しました。

デイ1のコースは、サービスパークが置かれるバスティアの南西エリアで2本のステージを各2回走行。
SSの数は4本と少ないながらも、SS1とその再走ステージであるSS3は49.03kmと距離が非常に長いため、4本のSSの合計距離は125.16kmに達しました。
バスティアの空は青く澄み渡り、朝から強い日差しが照りつけたことで路面は大部分がドライでしたが、所々濡れているところもあり、トリッキーな路面コンディションとなりました。

ロングステージのSS1ではタナックが3番手タイムを記録し、続くSS2ではラッピが2番手タイムをマーク。
そして午後のSS4ではラッピがベストタイムを記録するなど、ヤリスWRCは特にハイスピードなターマック(舗装路)SSでトップを争うことができる速さを発揮しました。
4位のタナックは3位と5.5秒差、2位とは10.6秒差と、明日以降十分に表彰台を狙える位置につけています。
また、ラトバラはクルマのセッティングが合わず午前中は少し苦戦しましたが、日中のサービスでセッティングを変更した結果フィーリングが好転。
デイ1最後のSS4で2番手タイムを刻むなど復調を果たし、良い形で1日を終えました。

トミ・マキネン(チーム代表)

今日はあまり良いスタートではありませんでしたが、非常にポジティブな形で1日を終えることができました。
特に、最終ステージではこのラリーでの経験が十分ではないにも関わらずエサペッカがベストタイムを記録するなど、素晴らしい内容でした。
ヤリ-マティも調子を上げてきているように思いますし、オットは表彰台を狙える良い位置につけています。
我々のドライバーたちは道幅が広く、高速なコースのほうがより良いフィーリングを感じているようです。
明日はまた新たなる1日となるので、ハードワークを続けます。
まだまだ改善できる事は沢山あると思います。

ヤリ-マティ・ラトバラ (ヤリスWRC 7号車)

午前中は間違った方向にセットアップを進めてしまい、自信を失いあまり上手く走ることができませんでした。
しかし、日中のサービスでセッティングを変更したところ、クルマは良くなりました。
ブレーキのフィーリングが向上し、リヤの挙動もつかみやすくなりました。
最後のステージが始まる前にさらなる変更を施したところ自信が一層増し、自分自身のドライビングを改善することができ、良いタイムを出すことができました。
ドライ路面でのセットアップはかなり良くなったので、明日からは期待が持てます。
ドライビングに集中し、安定した走りを続け今日最後のSSで示した速さを維持できれば、我々のすぐ上にいる選手達と良い戦いができるはずです。

オット・タナック (ヤリスWRC 8号車)

このクルマで完全な舗装路面のラリーに出場するのは今回が初めてでしたが、今日は多くの事を学びました。
全体的にクルマはとても良いフィーリングです。
午前中の時点でクルマのハンドリングは良く既に十分ポジティブな感覚を得ていたのですが、日中のサービスでいくつかセッティングを変更したところ、フィーリングはさらに良い方向に向かいました。
表彰台争いをするためにどのような改善を施すべきなのか、明日に向けてはいくつかアイディアがあります。
2位、3位の選手とのタイム差は少なく手が届く位置にいると思いますので、明日はベストを尽くして戦います。

エサペッカ・ラッピ (ヤリスWRC 9号車)

今日は午前も午後も同じようなタイムでした。
距離が長いほうのSSはツール・ド・コルスらしいツイスティなステージでしたが、そこでかなりタイムを失ってしまいました。
しかし、短いほうのSS は速度域が高く、我々のクルマに合っていたと思います。
最終SSではベストタイムを記録するなど、とてもポジティブな形で1日を終えることができました。
ツイスティなコースでも強さを発揮できればさらに良いのですが、明日はクルマの改善を試してみるつもりです。
まずは5位を守ることが目標ですが、まだまだ先は長いのでいろいろな可能性があると思っています。

明日のステージ情報

競技2日目となる4月7日(土)のデイ2は、バスティアのサービスパークを中心に島の北側エリアで6本のSSが行われます。
SS5とその再走ステージであるSS8はコルシカ島北端のカップ・コルス(コルス岬)を東から西へと横断し、距離は35.61kmとデイ2では最も長いステージです。
6本のSSの合計距離は136.90kmと3日間で最長。
リエゾン(移動区間)も含めた総走行距離は487.94kmとなります。

|

« WRC:Rd.4 ツールドコルスday1結果(SS.4) | トップページ | WRC:Rd.4 ツールドコルスday2結果(SS.10) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/66583407

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ・チーム 第1日目リポート:

« WRC:Rd.4 ツールドコルスday1結果(SS.4) | トップページ | WRC:Rd.4 ツールドコルスday2結果(SS.10) »