« WRC:Rd.4 ツールドコルスday3結果(最終:SS.12) | トップページ | WRC:2018年シリーズ・ポイント表(Rd.4/13) »

2018/04/09

トヨタ・チーム 第3日目リポート

Toyota Yaris WRC (C)Toyota Gazoo Racing
拡大します

WRC 第4戦 ラリー・フランス(ツール・ド・コルス)デイ3

ヤリスWRCのタナックが総合2位でフィニッシュ
ラッピは6位に順位を落とすもパワーステージを制す

4月8日(日)、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第4戦ラリー・フランス(ツール・ド・コルス)の最終日デイ3がコルシカ島のアジャクシオ近郊で行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組(ヤリスWRC 8号車)が総合2位で、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(9号車)が総合6位でフィニッシュしました。

ラリー最終日のデイ3は、サービスパークが置かれるバスティアから南西に約130km離れた、東海岸のアジャクシオ近郊で2本のSSが行なわれました。
1本目のSS 11は今大会最長となる全長55.17kmの超長距離SSで、1986年大会以来のロングステージでした。
デイ2で総合3位の選手と0.1秒差の2位に浮上したタナックは、そのSS11で2番手タイムの選手に対し12.6秒差をつけるベストタイムをマーク。
そして、最終のSS12を5番手タイムで走り、今シーズン2回目の総合2位でフィニッシュしました。

総合4位につけていたラッピは表彰台を目指しSS11を果敢に攻めましたが、パンクを喫しタイヤ交換を行なったことで大きく遅れ、総合7位にポジションを下げました。
しかし、トップ5タイムを記録した選手にボーナス選手権ポイントが与えられる「パワーステージ」のSS12でベストタイムをマーク。
総合順位を6位まで挽回すると共に、最大となる5ポイントを獲得しました。

今回のツール・ド・コルスでは全部で12本のSSが行なわれましたが、ヤリスWRCはそのうち半分の6本でベストタイムを刻み、ターマックラリーでの性能向上を証明しました。
チームはマニュファクチャラーズ選手権3位に浮上し、タナックもドライバーズ選手権3位にポジションを上げました。

なお、デイ2でクラッシュしたヤリ-マティ・ラトバラは、ロールケージにダメージが見つかったためラリー期間中にクルマを修復することができず、デイ3に駒を進めることができませんでした。

トミ・マキネン(チーム代表)

チーム全員が今回の結果を喜んでいます。
オットは本当に素晴らしいリザルトを残しました。エサペッカは残念ながら表彰台こそ逃しましたが、昨日はとても良い走りでした。
ツール・ド・コルスは我々北欧出身のドライバーにとってもっとも難しいラリーのひとつであることは、私も昔は選手として出場していたので理解しています。
ステージは非常に難易度が高く、クルマに対し最大限の自信を持てなければ速く走ることができません。
デイ1ではやや苦戦しましたが、その後の2日間のパフォーマンスは本当に素晴らしかったと思います。
我々は常に学びを続けていますし、今回学習した多くの事はきっと次のターマックラリーで助けになるでしょう。

オット・タナック (ヤリスWRC 8号車)

全体的にとても良い週末でした。
私にとってコルシカはいつもあまり楽しむことができないラリーで、これまで非常に苦労してきました。
今年に関しては、一貫したペースで走れるように一生懸命努力しました。
限界まで攻めることはせず、常に良いリズムで走ることを心がけていました。
しかし、最後から2番目のロングステージでは本当にクリーンな走りを実践し、限界近くまで攻め続けましたが、それが良い結果に繋がりました。
最後のパワーステージでは確実に2位を得ることが何よりも重要でしたので、リスクを冒さず走りました。
トヨタのクルマで臨んだ、最初のフルターマックラリーの結果に満足しています。

エサペッカ・ラッピ (ヤリスWRC 9号車)

ドライバー、チームともに今回のラリーから多くを学びました。
昨日は良いセットアップを見つけることができ、本当に完璧な1日でした。
そして今日の最終日も速さはありましたが、残念ながら小さなミスを冒してしまいました。
責任はすべて自分にあります。恐らくリヤタイヤがまだ少し冷えていたのだと思いますが、リヤのグリップを失い外側の縁石にタイヤが当たってしまいました。
その結果ホイールのリムが一部破損しタイヤが外れかけたので、クルマを止めてタイヤ交換をしなければなりませんでした。
しかし、その後のパワーステージでは自分の予想以上に高いグリップが感じられたので、思いきり走りベストタイムを出すことができました。

次回のイベント情報

WRC次戦は、4月26日から29日にかけてアルゼンチンのコルドバ近郊、ビージャ・カルロス・パスを中心に行なわれる第5戦ラリー・アルゼンティーナです。
路面はグラベル(未舗装路)で、谷の間を走る柔らかな砂状のハイスピードロードや、山岳地帯の岩に囲まれた険しい道が戦いの舞台となります。
柔らかな路面はラリーカーが何台か通過すると深い轍(わだち)が刻まれ、また山岳地帯では濃い霧が出ることが多く、雹(ひょう)が降ることもあります。
4月下旬のアルゼンチンは秋の始まりであり、変わりやすい天気が勝負に大きな影響を及ぼします。

|

« WRC:Rd.4 ツールドコルスday3結果(最終:SS.12) | トップページ | WRC:2018年シリーズ・ポイント表(Rd.4/13) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/66590612

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ・チーム 第3日目リポート:

« WRC:Rd.4 ツールドコルスday3結果(最終:SS.12) | トップページ | WRC:2018年シリーズ・ポイント表(Rd.4/13) »