« WRC:Rd.6 ポルトガルラリーday4結果(最終:SS.20) | トップページ | WRC:2018年シリーズ・ポイント表(Rd.6/13) »

2018/05/21

トヨタ・チーム 第4日目リポート

Toyota Yaris WRC (C)Toyota Gazoo Racing
拡大します

WRC 第6戦 ラリー・ポルトガル デイ4

ラッピが総合5位でフィニッシュ
パワーステージを制しドライバーズ選手権5位に浮上

5月20日(土)、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第6戦ラリー・ポルトガルの最終日となる競技4日目、デイ4がポルトガル北部マトジニョスを中心に行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのエサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(ヤリスWRC 9号車)が総合5位で、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(7号車)が総合24位でフィニッシュしました。

ラリー最終日のデイ4は、サービスパークが置かれるポルトガル北部マトジニョスの東側エリアで5本のSSが行なわれました。
デイ3で総合4位のダニ・ソルド選手と5.8秒差の総合5位につけていたラッピは、最初のSS16でベストタイムを記録し、4位に浮上しました。
続くSS17では3番手タイムでソルド選手に逆転を許しましたが、SS18と19では連続で2番手タイムを記録し、ふたたび総合4位に。
更に上位5位までのタイムを記録した選手にボーナスポイントが与えられるパワーステージのSS20ではベストタイムを刻み、総合3位のテーム・スニネン選手に7.4秒差まで迫りました。
しかし、逆転にはならず、総合4位でフィニッシュしました。
ところが、ラリー終了後、金曜日デイ2の市街地ステージで違反があったとして10秒のペナルティを課せられ、最終的に総合5位でラリーを終えました。
なお、ラッピは総合5位に入って得た10ポイントと、ボーナスの5ポイントによりドライバーズ選手権5位に浮上しました。

一方、サスペンションの破損によるデイ2でのリタイア後、ラリー2規定に基づきデイ3で再出走を果たしたラトバラは、SS18で今大会3本目となるベストタイムを記録。
デイ3終了時点での総合31位から、総合24位にポジションを挽回しました。

トミ・マキネン(チーム代表)

ポジティブにラリー・ポルトガルを締めくくる事ができてうれしく思います。
もちろん、金曜日はチーム全員にとって残念なスタートになってしまいましたが、その後ヤリ-マティは復活し、デイ3からの2日間をミスなく走りきりました。

エサペッカはポディウム争いに加わり、テーム・スニネン選手との戦いは実に素晴らしかったと思います。
ふたりの若きフィンランド人による激しいバトルは本当に見応えがありました。
結果的に競り勝つことはできませんでしたが、パワーステージを制して5ポイントを獲得するなど、2日間に渡るエサペッカの懸命の努力は報われたと言えるでしょう。
我々は今回のラリーから多くを学び、次回はさらに力強い戦いをしたいと思います。

ヤリ-マティ・ラトバラ (ヤリスWRC 7号車)

SSベストタイムを記録するなど、今日も良い1日でした。
最後のファフェのパワーステージではボーナスポイントを獲得するため全力で臨み、これ以上は無理だと思えるほど良い走りができました。
しかし、私はWRカー(ワールドラリーカー)の中でもっとも早い出走順となり、路面を覆う滑りやすいルーズグラベルの影響を大きく受けてしまいました。
それでも自信を取り戻せたことを嬉しく思います。
金曜日には問題が起きてしまいましたが、その後の2日間はミスなく走ることができました。
また、今日のステージは以前よりも難易度が増しており、次戦サルディニアに向けてクルマのセットアップを学ぶことができたのは収穫です。
おかげで、とても前向きな気持ちで次戦に臨むことができます。

エサペッカ・ラッピ (ヤリスWRC 9号車)

昨日と同じように、今日も最初から最後まで全開で走り続けましたが、最後までスニネン選手に追いつくことはできませんでした。
本当にタフな戦いでしたが、彼はポディウムフィニッシュに相応しい素晴らしい走りをしたと思います。
私自身としては、パワーステージで5ポイントを獲得したことを素直に喜びたいと思います。
今シーズンは6 戦中3戦でパワーステージを制し、それによって貴重な15ポイントを獲得しています。
今週末は、ミスをしないという自分の目標を達成できたのでとても満足しています。

次回のイベント情報

WRC次戦は、6月7日から10日にかけてイタリアのサルディニア島で開催される、シリーズ第7戦「ラリー・イタリア サルディニア」です。
島の北西部アルゲーロを中心とするコースはグラベル(未舗装路)で、砂状のグラベル路面や、石や岩が露出する荒れた路面などポルトガルと似た特徴を持ちます。
ただしサルディニアのステージは全般的に道幅が狭く高速で、コースサイドには木が迫るためポルトガル以上に注意深いドライビングが求められます。
また、気温もかなり上昇するためクルマにとっては非常にタフな1戦です。

|

« WRC:Rd.6 ポルトガルラリーday4結果(最終:SS.20) | トップページ | WRC:2018年シリーズ・ポイント表(Rd.6/13) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/66743215

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ・チーム 第4日目リポート:

« WRC:Rd.6 ポルトガルラリーday4結果(最終:SS.20) | トップページ | WRC:2018年シリーズ・ポイント表(Rd.6/13) »