« WRC:Rd.9 ドイツラリーday1結果(SS.1) | トップページ | WRC:Rd.9 ドイツラリーday2結果(SS.7) »

2018/08/17

トヨタ・チーム 第1日目リポート

Toyota Yaris WRC (C)Toyota Gazoo Racing
拡大します

WRC 第9戦 ラリー・ドイチェランド デイ1
ラリー・ドイチェランドが市街地でのスーパーSSで開幕
タナックがベストタイムを記録し首位に立つ

8月16日(木)、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第9戦ラリー・ドイチェランドが開幕。
デイ1としてドイツ西南部のザンクト・ヴェンデル市街地でSS1が行なわれ、TOYOTA G
AZOO Racing World Rally Teamのオット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組 (ヤリスWRC 8号車)が総合1位に、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(ヤリスWRC 9号車)が総合12位に、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(7号車)が総合15位につけ、ヤリスWRCは全車がSS1を走破しました。

ラリー・ドイチェランドは16日の午前中に、サービスパークが置かれるボスタルジーの近くでシェイクダウンが行なわれ、全長5.52kmのターマック(未舗装路)ステージでタナックが全体のベストタイムを、ラトバラが2番手タイムを、ラッピが8番手タイムを記録しました。

そして、夕方7時過ぎにザンクト・ヴェンデルの市街地でSS1がスタート。
大きな牧草ロールによって形づくられた、全長2.04kmの非常にタイトなターマックコースで、タナックがベストタイムを記録。初日を首位で終えました。
また、ラッピとラトバラはタナックに対しやや遅れをとりましたが、それでも15位ラトバラとタナックの差は2.6秒に過ぎず、明日のデイ2が本格的な戦いの始まりとなります。

カイ・リンドストローム(スポーティング・ディレクター)

最初のSSを大きな問題なく、そしてベストタイムで終える事ができ満足しています。
また、午前中のシェイクダウンでは1、2番手タイムを記録し良い出だしとなりました。
もちろん、シェイクダウンのタイムはラリーの最終結果に何も影響しませんが、クルマの仕上がりが良く、ドライバー全員が喜んでいる姿を見るのはやはり嬉しい事です。
このラリーで、我々は常に天気を注視しています。
週の初めの天気予報では雨が降らない見込みでしたが、どうやら明日の金曜日は降雨がありそうです。
もし雨が降ると、ブドウ畑のステージは誰にとっても非常にトリッキーになるでしょう。

ヤリ-マティ・ラトバラ (ヤリスWRC 7号車)

しばらくグラベル(未舗装路)のラリーが続いたので、シェイクダウンでの狙いは、グラベルとは大きく異なるターマックでのドライビング感覚を取り戻す事でした。
そして、4回の走行でその感覚を取り戻すことができました。
ラリー・ドイチェランドに向けたテストを終えた後、セッティングに関していくつかクリアにしたい事があったのですが、それをシェイクダウンで確認する事ができましたし、クルマの仕上がりには満足しています。
スーパーSSでは小さなミスでエンジンが止まってしまいましたが、だからといって世界が終わったわけではありません。
このラリーではしばしばタイヤ選択で勝敗が決まるので、明日は天候の変化に注意する必要があります。

オット・タナック (ヤリスWRC 8号車)

すぐに良いペースをつかむ事ができて良かったと思います。
このラリーに向けてのテストを行なったのは今から数週間前でしたので、まずは午前中のシェイクダウンでターマックの走行感覚を思い出し、満足出来る形で終える事がとても重要でした。
シェイクダウンではクルマに少しセッティング変更を施しましたが、全体的なバランスは良好でした。SS1は全体的にかなりタイトで、我々のクルマに合っていないコースでした。
走りのフィーリングはあまり良くなかったので、ベストタイムが出たのには驚きました。
きっと、誰にとっても難しいステージだったのでしょう。
明日からの本格的なステージが楽しみです。
この週末、優勝争いはかなり激しくなると思われますが、全力で臨みたいと思います。

エサペッカ・ラッピ (ヤリスWRC 9号車)

前戦ラリー・フィンランドでのクラッシュがあったので、シェイクダウンは走りの感覚を取り戻すための良いチャンスでした。
シェイクダウンのコースは非常にスムーズで、クルマはかなりグッドフィーリングでした。
SS1では良い感覚がまったく得られませんでしたが、明日からのステージとはタイプが大きく異なるので、気にするべきではないでしょう。
今週末は良い結果を期待しており、表彰台に上がる事が最低限の目標です。
ターマックラリーとクルマの仕上がりには自信があるので、優勝を狙って戦いたいと思
います。

明日のステージ情報

競技2日目となる8月17日(金)のデイ2は、ボスタルジーのサービスパークを中心に3本のSSを各2回走行します。
そのうちSS2/5「シュタイン・ウント・ヴァイン」、SS3/6「ミッテルモーゼル」は、古都トリアーから近いモーゼル河畔のブドウ畑が主舞台となります。
ブドウ畑内の舗装路は幅が狭く、ヘアピンコーナーや、直角コーナーがとても多いのが特徴です。
また、雨が降ると路面が非常に滑りやすくなり、難易度が大幅に上がります。
6本のSSの合計距離は101.42km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は449.52kmとなります。

|

« WRC:Rd.9 ドイツラリーday1結果(SS.1) | トップページ | WRC:Rd.9 ドイツラリーday2結果(SS.7) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ・チーム 第1日目リポート:

« WRC:Rd.9 ドイツラリーday1結果(SS.1) | トップページ | WRC:Rd.9 ドイツラリーday2結果(SS.7) »