« WRC:Rd.10 トルコラリーday4結果(最終:SS.17) | トップページ | WRC:2018年シリーズ・ポイント表(Rd.10/13) »

2018/09/17

トヨタ・チーム 第4日目リポート

Toyota Yaris WRC (C)Toyota Gazoo Racing
拡大します

WRC 第10戦 ラリー・トルコ デイ4

ヤリスWRCのタナックが3戦連続優勝で今季4勝目を飾る
ラトバラも2位に入り、チームはマニュファクチャラーズ選手権首位に浮上

9月16日(日)、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第10戦ラリー・トルコの競技最終日となるデイ4がトルコ南西部のマルマリスを中心に行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組 (ヤリスWRC 8号車)が優勝。
第8戦ラリー・フィンランド、第9戦ラリー・ドイチェランドに続く3連勝で今季4勝目を飾りました。
また、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(7号車)は、今季最上位となる総合2位でフィニッシュ。
チームは2017年のWRC復帰後初となる1-2フィニッシュを達成し、マニュファクチャラーズ選手権トップに浮上しました。

なお、デイ3でコースオフしたエサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(9号車)は、サービスでは修復できないダメージがクルマに見つかったため、デイ4での再出走を断念しリタイアとなりました。

ラリー最終日のデイ4は、サービスパークを中心に4本、計34.98kmのSSが行われました。
デイ3でトップに立ち、2位のラトバラに13.1秒差を築いていたタナックは、安定した走りで上位のタイムを刻み続け、ボーナスの選手権ポイントがかかるSS17のパワーステージでは3番手タイムを記録。
2位ラトバラに22.3秒差をつけ、ラリー・トルコ初優勝を飾りました。

タナックは優勝の25ポイントとパワーステージでの3ポイントの合計28ポイントを獲得し、ドライバーズ選手権1位のティエリー・ヌービルと13ポイント差の2位に浮上しました。

また、ラトバラは今シーズンのベストリザルトとなる2位でフィニッシュし、パワーステージでは4番手タイムを記録。
ボーナスの2ポイントを獲得し、ドライバーズ選手権において4位のラッピと13ポイント差の5位に順位を上げました。

8年ぶりにWRCのシリーズに復帰したラリー・トルコは、非常に荒れた路面と高い気温によってクルマに大きな負荷がかかり、リタイアが続出。
サバイバルラリーといえる展開になりました。
しかしチームは信頼性を重視してヤリスWRCを仕上げ、ドライバーは極力ミスをしない走りを続けた結果、1-2フィニッシュという最高の結果でラリーを終える事ができました。

豊田 章男(チーム総代表)

フィンランド、ドイツに続き、TOYOTA GAZOO Racing WRTは3戦連続で素晴らしい結果を得ることができました。
応援いただいている全世界のファンの皆さま本当にありがとうございます。
トルコの戦いは、大きな石も転がる荒れた路面、高い気温など…車体、エンジン、タイヤなどクルマを構成する全てに想像を超える厳しさがある道でした。
その道を走りきり、素晴らしい結果と共にヤリスをゴールまで運んで来てくれたドライバー、コドライバー、そして、それを支えたチームのみんなにも感謝したいと思います。
みんな、ありがとう。そして、おめでとう。

ゴールまで戻ってきてくれたヤリスも終始万全ということはありませんでした。
いずれのヤリスも、各々トラブルを抱え、ドライバーは安心して思いっきり走れる状態ではありませんでした。
トラブルを補うよう運転に神経を使い、サービスにクルマを戻し、エンジニア、メカニックと共に改善して、再び道に戻る、その繰り返しで到達したゴールです。

また、2位のポジションで3日目を終えたラトバラ選手はチームメイトとチームのために最終日に臨んでいくと自ら話してくれました。
こうしてチームみんなで掴んだ結果を本当に嬉しく思いますし、タナック選手、ヤルヴェオヤ選手をはじめ、努力した全てのチームメイトを誇りに思います。

このチームにおいて、我々トヨタ自動車の仕事は、ドライバー達がもっと安心して走れるクルマをつくること。
この素晴らしいチームメイトと共に更なる喜びを分かち合うため我々はもっといいクルマづくりを続けてまいります。
ファンの皆さま、引き続き、応援よろしくお願いいたします。

トミ・マキネン(チーム代表)

今週もまた、素晴らしい週末になりました。
最後まで集中力を絶やさず、まったくミスをしなかったオットとヤリ-マティに感謝します。
このラリーは誰にとっても新しく、非常に高い技術を求められるステージがありミスをしやすいイベントだと私は見ていました。
チームとクルマにとって大きなチャレンジでしたが、素晴らしい戦いを実践し、良い結果を残すことができました。

チームは冷却系を始めとするクルマ全体のレベルを高め、信頼性が大きく向上しました。
マニュファクチャラーズ選手権をリードする立場になったのは素晴らしいことですし、このままシーズンの終わりまで一生懸命努力し続けたいと思います。

ヤリ-マティ・ラトバラ (ヤリスWRC 7号車)

チームにとって素晴らしい結果になりました。
今日は1-2フィニッシュを最優先して走
り、それを達成することができました。すべてが予定通りに進んだといえます。
とにかくクレバーに、そして無用なミスをしないように安定した走りを心がけました。
チームはマニュファクチャラーズタイトルを勝ち取ろうと努力し続けているので、今回のポイント獲得はとても価値がありますし、これで残る3戦がとても面白くなりました。
今回も表彰台に立てたのは、自分にとって喜ぶべきことです。
ラリー・フィンランド以降状況は好転したので、この良い流れを維持し続けたいと思います。

オット・タナック (ヤリスWRC 8号車)

本当に難しいラリーでした。最初の時点で、このラリーで勝つためには速さよりも賢さが必要だと確信していました。
我々は誰よりも安定した走りをしていたと思いますし、ラリー全体を通してトラブルと無縁で、ステージ上で止まるようなこともありませんでした。
の素晴らしい努力が実を結び、本当に強いクルマに仕上がったと思います。
これでドライバー選手権争いは可能性がさらに広がったので、このままプッシュし続けるつもりです。

次回のイベント情報

WRC次戦は、10月4日(木)から7日(日)にかけてイギリスのウェールズで開催されるラリーGB(グレートブリテン)です。
かつてRACラリーという名で呼ばれていたラリーGBは長い歴史を誇るイベントで、現在はウェールズを中心に行なわれています。
サービスパークは前年と同様ウェールズ北東部のディーサイドに置かれ、ウェールズ中部から北部にかけての森林地帯や丘陵地帯のグラベルロード(未舗装路)でSSが行なわれます。
秋のウェールズは天候が変わりやすく、雨が降ると路面はぬかるみ滑りやすくなります。
また、霧が出る可能性も高く、非常に難易度の高いラリーといえます。

|

« WRC:Rd.10 トルコラリーday4結果(最終:SS.17) | トップページ | WRC:2018年シリーズ・ポイント表(Rd.10/13) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/67176906

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ・チーム 第4日目リポート:

« WRC:Rd.10 トルコラリーday4結果(最終:SS.17) | トップページ | WRC:2018年シリーズ・ポイント表(Rd.10/13) »