« WRC:Rd.12 スペインラリーday1結果(SS.1) | トップページ | WRC:Rd.12 スペインラリーday2結果(SS.7) »

2018/10/26

トヨタ・チーム 第1日目リポート

Toyota Yaris WRC (C)Toyota Gazoo Racing
拡大します

WRC 第12戦 ラリー・スペイン デイ1

シーズン唯一のミックスサーフェス・ラリーがバルセロナで開幕
市街地が舞台のSS1でタナックが3番手タイムを記録する

10月25日(木)、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第12戦ラリー・スペインがバルセロナで開幕。
デイ1としてバルセロナ市街地でSS1が行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組 (ヤリスWRC 8号車)が総合3位に、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(7号車)が総合11位に、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(9号車)が総合12位につけ、ヤリスWRCは全車が堅実なスタートをきりました。

ラリー・スペインは25日の午前中に、サロウのサービスパークすぐ近くでシェイクダウンが行なわれました。
グラベル(未舗装路)とターマック(舗装路)の両方のサーフェス(路面)を走行する全長2kmのコースは、実際のSSとは大きく特徴が異なるため、選手達はセットアップよりも、クルマのシステムが正常に機能しているかのチェックに集中しました。
そのような状況でもラトバラは2番手タイムを記録し、ラッピは5番手、タナックは6番手タイムでシェイクダウンを終えました。

その後、選手達はサービスパークから約110km離れた大都市バルセロナへと移動。
モンジュイック地区の市街地特設コースで夜6時過ぎにSS1がスタートしました。
そして、グラベル仕様のクルマで全長3.2kmのターマック・ステージを走行し、タナックがチーム最上位となるSS3番手タイムを記録しました。

トム・フォウラー(チーフ・エンジニア)

シェイクダウンではクルマのシステムチェックに集中し、全てが問題なく機能している事を確認しました。
今晩の市街地ステージはターマック路面でしたが、明日からのグラベルステージに備えてクルマはグラベル仕様で、ドライバー達は確実性を重視した走りをしました。
ミックスサーフェスである事は、日数が限られていた我々の事前のテストにおいても大きな挑戦でした。
グラベルラリーでは最近満足できるパフォーマンスが得られていたので、テストではターマックに集中する事にしました。
なぜなら、ここカタルニアのターマックはサーキットのような特殊な道で、我々のクルマは1年前に出場した時と比べると開発が大きく進んでいたからです。

ヤリ-マティ・ラトバラ (ヤリスWRC 7号車)

シェイクダウンは満足のいく内容となり、クルマは最初からとても良いフィーリングでした。
今晩のSS1ではハードタイヤ1本が暖まりにくく、望んでいた結果にはなりませんでした。
しかし重要なのは明日のデイ2で、「ラ・ファタレラ-ヴィラルバ」はもっとも大きな鍵を握るステージのひとつだと思います。
かつての「テラ・アルタ」のステージの一部を逆方向に走り、途中でターマック区間を通過し、新たなグラベル・セクションもあります。
多くの異なる要素が含まれているため自分にとって大きな挑戦ですし、特にタイヤのマネージメント能力が問われるステージだと思います。

オット・タナック (ヤリスWRC 8号車)

シェイクダウンのコースは実際のステージと共通する部分が少なかったため、セットアップの確認はできませんでしたが、クルマは全てがきちんと機能していました。
今晩のSS1は特に問題なく走り終え、明日からのグラベルステージに向けて集中力を高めています。
明後日以降のターマックステージは流れるようなコーナーが続き速度域も高いため、ライバルに対して大きなタイム差を築くのが非常に難しい。
だからこそ、明日のグラベルがとても大事なのです。
特に距離の長いステージが重要なのですが、いつもと逆方向に走り、なおかつ新しいセクションもあるので、きっと面白いステージになるでしょう。

エサペッカ・ラッピ (ヤリスWRC 9号車)

シェイクダウンはとても上手く行き、クルマも良いフィーリングでした。
最後の走行では、ターマックを重視したそれまでとは違うセットアップを試しました。
グラベルではあまり良好な結果を得られなかったのですが、トライして良かったとは思います。
スペインは常に楽しめるラリーですし、今晩のオープニングステージも素晴らしい雰囲気でした。
これほど大きな都市をWRカーで走るのは自分にとって初めてでしたが、バルセロナの人々やファンの皆さんのすぐ近くで走る機会があるというのは、とても良い事だと思います。

明日のステージ情報

競技2日目となる10月26日(金)のデイ2は、サービスパークの西側で3本のステージを各2回走行します。
SS2/5「ガンデーザ」とSS3/6「ペセルス」の路面はすべてグラベル(未舗装路)ですが、SS4/7「ラ・ファタレラ-ヴィラルバ」はグラベル路面がメインながら途中でターマック路面も走行します。
また、全長は38.85kmに達し今大会最長のステージとなります。
6本のSSの合計距離は144.88km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は562.40kmとなります。

|

« WRC:Rd.12 スペインラリーday1結果(SS.1) | トップページ | WRC:Rd.12 スペインラリーday2結果(SS.7) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/67313571

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ・チーム 第1日目リポート:

« WRC:Rd.12 スペインラリーday1結果(SS.1) | トップページ | WRC:Rd.12 スペインラリーday2結果(SS.7) »