« WRC:Rd.13 オーストラリアラリーday2結果(SS.18) | トップページ | WRC:Rd.13 オーストラリアラリーday3結果(最終:SS.24) »

2018/11/18

トヨタ・チーム 第2日目リポート

Toyota Yaris WRC (C)Toyota Gazoo Racing
拡大します

WRC 第13戦 ラリー・オーストラリア デイ2

ドライバーズタイトルを狙うタナックが首位に立つ
ラトバラは総合2位、ラッピは総合5位にポジションアップ

11月17日(土)、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第13戦ラリー・オーストラリアの競技2日目デイ2が東海岸のコフスハーバーを中心に行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組 (ヤリスWRC 8号車)が首位に浮上しました。
また、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC 7号車)は総合2位に、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(9号車)は総合5位にポジションを上げ、ヤリスWRCは全車がトップ5に入りました。

ラリー・オーストラリアのデイ2は、コフスハーバーのサービスパークをを中心に、5本のステージを各2回走行。SS12/16「ラレー」と、SS17/18「デスティネーション・ニューサウスウェールズ」以外は、すべてコフスハーバー南側のグラベル(未舗装路)ステージが舞台となりました。
森林地帯と農場地帯に広がるグラベルステージは、全体的に滑りやすいルーズグラベルに覆われました。
加えてドライコンディションとなった事で、後方からの出走となるデイ1上位の選手達にとっては、かなり有利な路面コンディションとなりました。

デイ1総合3位のラトバラ、総合5位のタナックは、午前中の3本のステージが終わった時点でそれぞれ総合1位、総合2位にポジションをアップ。
午後のSS14ではドライバーズタイトル獲得のチャンスがあるタナックが首位に立ち、ラトバラが総合2位となりました。
首位でデイ2を終えたタナックは、全10ステージのうち6ステージでベストタイムを記録するなど1日を通してスピードがあり、優勝に大きく近づきました。

一方、タナックと僅差の首位争いを続けたラトバラは、総合2位でデイ2をフィニッシュ。
最後のスーパーSSでは突然の強い降雨により大幅にタイムを失いましたが、それでも依然総合3位の選手に対し4.4秒差をつけています。
また、デイ1総合6位のラッピは、SS15でベストタイムを記録するなど好調を維持し、前日よりもひとつポジションを上げました。
総合4位の選手との差は3.8秒と小さいため、明日のデイ3ではさらなるポジションアップを目指します。

トミ・マキネン(チーム代表)

非常に良い形で1日を終える事ができました。
特に大きな問題もなく、素晴らしい日だったと思います。
最後のスーパーSSのコンディションは皆にとって公平ではありませんでしたが、幸運にも大きな影響は受けませんでした。
我々の3人のドライバーは良くやってくれましたし、明日どう戦うべきかも理解しているはずです。
このような形でシーズンを終える事ができたら、とても素晴らしいと思います。

ヤリ-マティ・ラトバラ (ヤリスWRC 7号車)

午前中は本当に良かったと思います。
クルマはとても素晴らしく、ドライビングを楽しんで少し順位を上げる事ができました。
午後も初めは良かったのですが、恐らくタイヤに対する負荷が強過ぎたからだと思いますが、タイヤがかなり摩耗してしまいました。
そのためペースを緩めなくてはならず、タイムが落ちていってしまいました。
また、スーパーSSではアンラッキーなコンディションでの走行となりました。それでも、以前総合2位につけていますし、この順位を最後まで保つ事がマニュファクチャラーズ選手権にとっては本当に重要です。
また、良いフィーリングでシーズンを終えるのは、自分にとっても大切な事です。

オット・タナック (ヤリスWRC 8号車)

とても良い1日でした。
今朝は本来のリズムを取り戻しクルマのフィーリングも良かったので、少し攻めた走りをしてタイムを挽回しました。
そして午後も攻めの走りを続け、後方の選手に対するマージンをさらに拡大する事ができました。
明日は少々トリッキーなステージがあり、また天気も安定しないようなので、簡単には行かないかもしれません。
とはいえ、現時点では全てが正しい方向に進んでいますし、あらゆる状況をコントロールできていると思います。

エサペッカ・ラッピ (ヤリスWRC 9号車)

今日は良い仕事をできたと思います。
自分の前と後ろにいる選手とはタイム差が大きくついていたので、少し孤立した感じがしました。
また、激しく攻める必要もなかったため、集中力を保つのは簡単ではありませんでした。
午後2本目のステージで少しペースを緩めたところ、すぐにミスをしてしまいました。
そこで、やはり攻めるべきだと決心したところ、次のステージではベストタイムを記録し、総合4位の選手との差を詰める事ができました。
明日は、クルマをフィニッシュに運ぶ事が最大の目標です。

明日のステージ情報

競技3日目、最終日となる11月18日(日)のデイ3は、サービスパークの北側で3本のグラベルステージを各2回走行します。
そのうちSS19/22「コランバ」とSS20/23「サファイア」は新しいステージですが、過去の大会で使用された「ブッカ」のステージと多くの部分が重なります。
また、SS21/24「ウェディングベルズ18」は、スタート後の最初のセクションが、デイ1のSS1/4「オラーラ・イースト」と重なっています。
なお、ウェディングベルズ18の2回目の走行となるSS24は、トップ5タイムを記録した選手に対しボーナスの選手権ポイントが与えられる「パワーステージ」に指定されています。
6本のSSの合計距離は83.96km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は222.39kmとなります。

|

« WRC:Rd.13 オーストラリアラリーday2結果(SS.18) | トップページ | WRC:Rd.13 オーストラリアラリーday3結果(最終:SS.24) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/67392228

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ・チーム 第2日目リポート:

« WRC:Rd.13 オーストラリアラリーday2結果(SS.18) | トップページ | WRC:Rd.13 オーストラリアラリーday3結果(最終:SS.24) »