« WRC:Rd.10 ドイツラリーDay4結果(最終:SS.19) | トップページ | 勝田貴元、ドイツラリー・リポート »

2019/08/26

トヨタ・チーム 第4日目リポート

Toyota Yaris WRC (C)Toyota Gazoo Racing
拡大します

WRC 第10戦 ラリー・ドイチェランド デイ4
タナックがラリー・ドイチェランド三連覇を達成
ミークは総合2位、ラトバラは総合3位で表彰台を独占

8月25日(日)、2019年FIA世界ラリー選手権(WRC)第10戦ラリー・ドイチェランドの競技最終日デイ4がドイツ西南部のボスタルジーを中心に行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオィット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組(ヤリスWRC 8号車)が優勝。
クリス・ミーク/セブ・マーシャル組(5号車)が総合2位で、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(10号車)が総合3位でフィニッシュし、ヤリスWRCは初めて1-2-3フィニッシュを飾りました。

最終日のデイ4は、サービスパークの北側、モーゼル河畔に広がるブドウ畑で2本のステージを各2回走行。4本のSSの合計距離は79.50kmでした。
デイ3で首位タナックを筆頭に1-2-3体制を築いた3人のドライバーは、道幅が狭くツイスティなコーナーが連続するブドウ畑のステージを堅実に走行。
4本のステージを問題なく走り切り、2017年のWRC復帰以来初となる1-2-3フィニッシュを達成しました。

タナックはラリー・ドイチェランド三連覇を飾り、今シーズン5勝目。
ドライバー選手権首位の座を守り、2位の選手に対するリードを33ポイントに拡大しました。
また、ミークがチーム加入後初めて表彰台に立ち2位となった結果、チームは最大のマニュファクチャラーポイントを獲得。
マニュファクチャラー選手権2位の座を維持し、トップのチームとの差を8ポイントに縮めました。
なお、単一のマニュファクチャラーが表彰台を独占したのは、2015年のラリー・ドイチェランド以来4年ぶりでした。
優勝した前戦フィンランドはチームにとってホームイベントでしたが、ドイツもまたヤリスWRCのエンジン開発を手がけるTMG(トヨタモータースポーツGmbH)の所在地であり、2戦連続でホームイベントに錦を飾りました。

TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラムにより、今回初めてヤリスWRCでWRCに出場した勝田貴元/ダニエル・バリット組(17号車)は、最終日も安定した走りでヤリスWRCをフィニッシュに導き、初出場のラリー・ドイチェランドを総合10位で走破しました。

豊田 章男(チーム総代表)

TOYOTA GAZOO Racing WRTの6人が揃ってドイツの表彰台に立ちました。
最高の光景です!
本当はその真横に立って、ベトベトになりながらその光景の一部になりたかった…。
でも、今日は最高の気分です!

そして、勝田貴元がヤリスでWRCを走りきりました。
これも私が見たいと願ってきた光景でした。
ただ、本当に見たい光景は、TOYOTA GAZOO Racing WRTのウェアを着た彼が表彰台に立つ姿です。
でも、今日は最高の気分です!

私をこんな気分にさせてくれたドライバー、コ・ドライバー達、トミ マキネン、チームメンバー、そして一緒に喜んでいただいたファンの皆さま。
本当にありがとうございました。

オィットとマルティン、2連勝、そしてヤリスWRCのエンジンの故郷ドイツでも勝ってくれて本当にありがとう!
クリスとヤリ-マティはラリー中のインタビューで「チームのために走る!
走り切ってマニュファクチャラーポイントを獲る!」と言い続けてくれていました。
「誰よりも速く走りたい」という、ドライバーなら当たり前の気持ちをコントロールし、チームのために走ってくれていたこと、心から感謝しています。

本当に良いチームです。残り4戦、このチームで、このまま走りきりましょう!
そして、もっと“最高の光景”をファンの皆さまに見てもらえるように引き続き頑張りましょう!
ファンの皆さまも、応援よろしくお願いいたします。

トミ・マキネン(チーム代表)

3台のヤリスWRCが1-2-3フィニッシュを飾り、信じられないような気分です。
過去にも似たような状況になりかけたことはありましたが、ついに実現しました。
今日は、本当に心が躍りました。
この週末、我々のクルマが速かったことは確かですが、ドライバーも本当に速く、ここドイツの困難な舗装路で最高の仕事をしてくれました。
舗装路でのテスト走行は非常に限られていましたが、それでもこのような素晴らしい結果を手にすることができました。
それは、チームワークと共同作業の成果だといえます。
今日は、チーム全員を本当に誇らしく思います。

オィット・タナック (ヤリスWRC 8号車)

チームにとって最高の結果が得られたので、今晩は盛大に祝勝会が開かれるでしょうし、ドイツのTMGを訪れる明日もきっとそうなるでしょう。
今シーズンはまだ4戦残っているので、集中力を保ち続けベストを尽くして戦わなければなりません。
選手権争いは依然緊迫しており、決して簡単ではないことを今週末改めて実感しました。
われわれは常に最速だったわけではありませんが、ライバルよりも安定していたことが勝利に繋がりました。
昨日が戦いの山場であり、今日は確実に1-2-3フィニッシュするために走りました。

ヤリ-マティ・ラトバラ (ヤリスWRC 10号車)

1-2-3フィニッシュを達成し、これ以上望むべくもない完璧なリザルトになりました。
クルマはパーフェクトで、問題も何も起こらず本当に良い週末でした。
いくつかのステージはあまり上手く走れませんでしたが、その次のステージで挽回することができました。
今朝最初のステージは少し慎重に走り過ぎましたが、もっと攻めて走った方が良いと気づき、その後は順調でした。
フィンランドに続き表彰台に立つことができて、本当にうれしく思います。

クリス・ミーク (ヤリスWRC 5号車)

今シーズンは少なくとも4~5回、恐らく6回は表彰台に立てていた筈でしたが、トラブルや自分のミスで実現せず、ようやく表彰台フィニッシュを飾ることができました。
表彰台に立ち、多くのポイントをトヨタにもたらし、1-2-3フィニッシュを飾るなど特別な週末になりました。
チームが最大ポイントを獲得できたのは、マニュファクチャラー選手権にとって非常に重要です。
週末を通してヤリスWRCのフィーリングは素晴らしく、自信を持って走ることができましたし、とてもリラックスした状態で高いスピードを維持できました。

次回のイベント情報

WRC次戦は、9月12日(木)から15日(日)にかけて開催される、ラリー・トルコです。
トルコは昨年久しぶりにWRCのカレンダーに復帰し、地中海のリゾート、マルマリスに開催地を移しました。
ステージは路面に大きな石が転がる非常に荒れたグラベルで、日中は気温もかなり上昇します。
そのため、昨年はWRC全戦の中でもっともクルマに厳しいサバイバルラリーとなりましたが、タナックが優勝し、ラトバラが2位でフィニッシュしました。

|

« WRC:Rd.10 ドイツラリーDay4結果(最終:SS.19) | トップページ | 勝田貴元、ドイツラリー・リポート »