« WRC:Rd.9 フィンランドラリーDay1結果(SS.1) | トップページ | WRC:Rd.9 フィンランドラリーDay2結果(SS.11) »

2019/08/02

トヨタ・チーム 第1日目リポート

Toyota Yaris WRC (C)Toyota Gazoo Racing
拡大します

WRC 第9戦 ラリー・フィンランド デイ1
ラリー・フィンランドが開幕
タナックが総合2位に、ミークが総合3位につける

8月1日(木)、2019年FIA世界ラリー選手権(WRC)第9戦ラリー・フィンランドが開幕。
フィンランド中部ユバスキュラの市街地でSS1が行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオィット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組(ヤリスWRC 8号車)が総合2位に、クリス・ミーク/セブ・マーシャル組(5号車)が総合3位に、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(10号車)が総合8位につけました。

第8戦ラリー・イタリア サルディニアから約6週間のインターバルを経て、第9戦ラリー・フィンランドが開幕しました。
1日は、午前9時からサービスパークが置かれるユバスキュラの西側でシェイクダウンが行なわれ、全長4.26kmのコース「ヴェサラ」でタナックがベストタイムを記録。
ミークとラトバラは、他のドライバーと6番手タイムを分け合いました。

その後、午後7時からSS1「ハルユ1」が行なわれ、ユバスキュラ市街地のターマック(舗装路)と、公園内のグラベル(未舗装路)の両路面を走行する全長2.31kmのステージで、タナックがトップと0.7秒差の2番手タイムを、ミークが1.2秒差の3番手タイムを記録しました。
また、ラトバラはふたりのライバルと6番手タイムを分け合い、首位と2.4秒差の総合8位で競技初日を走り終えました。

トム・フォウラー(テクニカル・ディレクター)

朝のシェイクダウンでは、クルマが正常に機能しているかどうかを確認しました。
オィットは非常に速いタイムを記録し、ヤリ-マティとクリスも良いタイムでした。
しかし、フィンランドではごく当たり前のことですが、各トップドライバーのタイムは非常に接近していました。
技術的な問題は何もなくポジティブなスタートを切り、ラリー前のテストで決めたセットアップを確認しました。
過去2年間、我々はこのラリーで強さを発揮しましたが、ライバルもまた改善に取り組んでいるので前進を続けなくてはならないと理解しています。
過去に上手く行っていた場合、自信を持って何かを変えるのは簡単ではありません。
われわれにはこのラリーで実績があるので、昨年のセットアップに微調整を加えたものを採用することにしました。

オィット・タナック (ヤリスWRC 8号車)

「ハルユ」はラリーの開幕にふさわしい特別なSSであり、実際は非常に難しいステージですが、ミスのない走りをできました。
シェイクダウンは全く問題なく、順調に終わりました。
ラリー前のプレイベントテストはとても上手く行き、ラリー・エストニアにも出場したので、このラリーに向けて可能な限りの準備を行うことができたと思います。
現在までのところ全て順調ですが、きっと激しい戦いになるでしょう。
特に、明日は出走順が1番なので難しい1日になると思われるので、集中して臨まなくてはなりません。

ヤリ-マティ・ラトバラ (ヤリスWRC 10号車)

ここユバスキュラで、多くのフィンランドの人々に見守られてラリーをスタートするのは最高の気分です。
多くの応援が、私にモチベーションと自信を与えてくれます。
シェイクダウンでは、1回目の走行からすぐに良いフィーリングを感じ、2回目は非常に上手く走れたので満足しました。
その後クルマのセッティングに変更を加えましたが、良い結果は得られず、路面もどんどん荒れていきました。
それでも最初の2回の走行こそが最も重要であり、そう考えれば良い週末を期待できそうです。

クリス・ミーク (ヤリスWRC 5号車)

ラリーが始まり、素晴らしい気分です。
最初のステージでは良い走りができました。
また、朝のシェイクダウンも概ね順調でした。
最初の走行では、ジャンプの着地で右側の土手に少し当たりパンクをしてしまいました。
シェイクダウンのステージは実際のラリーのステージとは異なりますが、その後は良いフィーリングで走れました。
チームにとってのホームイベントに、一員として参戦できるのは特別なことですし、日曜日に完璧な結果でフィニッシュするのが今回の目標です。
明日はできるだけすぐに良いリズムを掴み、この週末を楽しみたいと思います。

明日のステージ情報

競技2日目となる8月2日(金)のデイ2は、サービスパークを中心に10本のSSを走行します。
SS2「オイッティラ」とSS11「ハルユ2」以外の4本のステージ「モクシ」「ウリア」「アサーマキ」「アーネコスキ」は、日中のサービスをはさんで各2回走行。
10本のSSの合計距離は126.55km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は592.76kmとなります。

注目のステージ:SS3/7 モクシ 全長20.04km
ミーカ・アンティラ(ヤリスWRC 10号車 コ・ドライバー)
「モクシ」は素晴らしいステージです。
序盤は昨年新たに加わったセクションで、皆にとって新しい道でした。
リズムが頻繁に変わるのがこのステージの難しい部分で、幅が狭くテクニカルな道と、広い道の両方を走り、非常に高速な区間もあります。
なお、狭い道に関しては、出走順が後方の方が有利だと思います。

|

« WRC:Rd.9 フィンランドラリーDay1結果(SS.1) | トップページ | WRC:Rd.9 フィンランドラリーDay2結果(SS.11) »