« WRC:Rd.11 トルコラリーDay3結果(SS.13) | トップページ | WRC:Rd.11 トルコラリーDay4結果(最終:SS.17) »

2019/09/15

トヨタ・チーム 第3日目リポート

Toyota Yaris WRC (C)Toyota Gazoo Racing
拡大します

WRC 第11戦 ラリー・トルコ デイ3
ラフで滑りやすい路面に苦しい戦いを強いられるも
マニュファクチャラーポイントの獲得に向けて前進

9月14日(土)、2019年FIA世界ラリー選手権(WRC)第11戦ラリー・トルコのデイ3が、トルコ南西部アスパランのサービスパークを中心に行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC 10号車)が総合6位に、クリス・ミーク/セブ・マーシャル組(5号車) が総合7位につけました。

なお、デイ2で総合8位につけていたオィット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組(8号車)は、ロードセクションでECU(電子制御ユニット)にトラブルが発生し、デイリタ
イアとなりました。

競技3日目のデイ3は、サービスパーク西側のダッチャ半島周辺で3本のステージを各2回走行。
6本のSSの合計距離は110.10kmでした。
オープニングステージのSS8で、3人のドライバーは全員ひとつ順位を上げ、ミークが総合6位、タナックが総合7位、ラトバラが総合8 位につけました。
しかし、SS9へと向かうロードセクションでタナックのクルマにECUのトラブルが発生し、デイリタイアとなってしまいました。
その後、チームはサービスパークでECUを交換。
タナックはラリー2規定に基づき明日のデイ4に再出走します。

一方、ラトバラとミークは上位の選手にプレッシャーをかけるべく戦い続け、何度も順位を入れ換えながらステージを重ねました。
既に自力での上位フィニッシュは難しいタイム差がついていますが、可能な限り多くのマニュファクチャラーポイントを獲得するため、明日も引き続き全力で戦いを続けます。

トミ・マキネン(チーム代表)

今朝オィットのクルマが止まってしまったのは、もちろん非常に残念です。
このようなことになってしまい、本当に申し訳なく思います。
原因はECUのトラブルでしたが、もちろんさらなる調査を行います。
明日、彼はきっとパワーステージに全力で臨むと思いますが、早い出走順である事を考えると簡単には行かないでしょう。

ヤリ-マティとクリスは順位を上げることに苦労しましたが、それは早い出走順によりクリーンな路面を走れなかったためで、彼らにとっては不利な戦いでした。
明日残されたステージの距離は短いですが、少しでもポイントを獲得できるように、諦めずに戦い続けます。

オィット・タナック (ヤリスWRC 8号車)

朝最初のステージを走り終えた後のロードセクションで、突然エンジンがかからなくな
ってしまいました。
色々なことを試し原因を探したのですが、どうやらECUの内部に問題が起こったようで、我々には手の打ちようがありませんでした。
もちろんフラストレーションが溜まりますし、特に初めてのタイトル獲得に向けて戦っているさなかなので、なおさらです。
かなり厳しい状況になってしまったのは確かですが、しかたがありません。
今後はそう簡単には行かないと思いますが、事実を受け入れ、戦い続けます。

ヤリ-マティ・ラトバラ (ヤリスWRC 10号車)

朝1本目のステージは大量のルーズグラベルに覆われ、出走順が2番手だった自分にとっては非常に滑りやすい路面でした。
次の2本目の短いステージでは良くなり、3本目は自分に合っている非常に高速なステージだったので上手く走れ、なかなか良いタイムが出ました。

午後はロングステージでライバルにプレッシャーをかけようと攻めましたが、タイヤの摩耗がかなり進んでいたため苦労しました。
明日は、出走順が今日よりも良くなるので、ライバルに対する自分達の本当のパフォーマンスが分かるでしょう。
また、今後に向けて、タイヤの摩耗を抑えるために何かしらトライをするつもりです。

クリス・ミーク (ヤリスWRC 5号車)

非常に厳しい1日でした。
路面は多くのルーズグラベルに覆われ、そのクリーニング役を担ったことが原因ですが、そのような路面でのパフォーマンス改善に取り組む必要があると感じました。
ベストを尽くして走りましたが、自分よりも出走順が後方のライバル達のタイムには及びませんでした。
明日は、完走しチームにマニュファクチャラーポイントをもたらすことだけを考えて走ります。
自分とヤリ-マティは僅差ですが、どちらが前でフィニッシュしようと順位は気にしません。

明日のステージ情報

ラリー最終日となるデイ4は、サービスパークの北側で2本のステージを各1回、サービスパークの近くで1本のステージを2回走行する全4ステージで競われます。
そのうち、SS14の再走ステージであるSS17「マルマリス 2」は、トップ5タイムを記録したドライバーおよびコ・ドライバーにボーナスの選手権ポイントが与えられる「パワーステージ」に指定されています。
4本のSSの合計距離は38.62km、リエゾン(移動区間)を含めた1日の総走行距離は155.71kmとなります。

注目のステージ:SS14/17 マルマリス 全長7.05km
マルティン・ヤルヴェオヤ(ヤリスWRC 8号車 コ・ドライバー)
このステージは短いターマックセクションから始まり、市街地のスーパーSSのような雰囲気です。
しかし、その後グラベルのタフな上り坂を駆け上がり、終盤スムーズでハイスピードなセクションを抜けると、サービスパークのすぐ近くでフィニッシュを迎えます。

|

« WRC:Rd.11 トルコラリーDay3結果(SS.13) | トップページ | WRC:Rd.11 トルコラリーDay4結果(最終:SS.17) »