« WRC2:2019年シリーズ・ポイント表(Rd.13/14) | トップページ | オーストラリアラリーはイベント・キャンセルに »

2019/10/29

勝田貴元、スペインラリー・リポート

勝田 貴元/Toyota Yaris WRC (C)Toyota Gazoo Racing
拡大します

TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジプログラム
勝田貴元、ヤリスWRCでのWRC出場2戦目で大きな成長を遂げる

TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラムに参加中の勝田貴元が、10月24日(木)から27日(日)にかけてスペイン北東部カタルニア地方のサロウを中心に開催された、FIA世界ラリー選手権(WRC)第13戦ラリー・スペインに、コ・ドライバーのダニエル・バリットと共にヤリスWRCで参戦しました。
勝田にとっては第10戦ラリー・ドイチュラント以来2回目のWRカーによるトップカテゴリーチャレンジとなり、メカニカルトラブルに見舞われるも、今回も全てのステージを走破。
総合39位で完走を果たしました。

フルターマック(舗装路)イベントのラリー・ドイチェラントで、勝田は初めてヤリスWRCでトップカテゴリーに挑戦し総合10位でフィニッシュ。
初ポイントを獲得しました。

そして今回、再びヤリスWRCでの出場となったラリー・スペインは、シーズン唯一の「ミックスサーフェス(路面)ラリー」です。
デイ1はグラベル(未舗装路)仕様のクルマでグラベルステージを走行し、その後サービスでクルマをターマック(舗装路)仕様に変更。デイ2とデイ3はターマックのステージを走行するため、1回のラリーでグラベルとターマックの両路面での経験を積むことができるのが、勝田にとって大きなメリットでした。

勝田は既にフィンランド国内選手権にヤリスWRCで出場し総合優勝を飾っていましたが、WRCのグラベルステージをヤリスWRCで走るのは今回が初めてでした。
2017年と2018年にはR5カーでこのラリーに出場し、ステージに対する経験はそれなりに持っていましたが、決して簡単な戦いではありませんでした。

週の前半にカタルーニャ地方の広い範囲で降った大量の雨により、グラベルステージはコンディションが悪化。
特に金曜日の午前中はグリップレベルがただ低いだけでなく、安定せずどれくらい滑るのか予想が非常に難しい状態でした。
そのため勝田とバリットはまずステージを習熟しクルマのフィーリングを掴むことに集中。
午後はスピードを上げて走り、トップドライバーに迫るタイムを記し総合9位でデイ1を走破しました。

そしてターマック仕様に変更されたクルマで臨んだ土曜日は、朝の最初のステージで油圧系の問題によりギヤボックスにトラブルが発生。
大きく遅れをとりました。
それでも何とか午前中の3本のステージを走り、その後サービスで問題を解決。
午後は完調となったクルマで4本のステージを走行し、スピードと経験値をさらに高めました。

そして、ラリー最終日の日曜日は4本のターマックステージで高いパフォーマンスを発揮。
グラベルとターマックの両路面でドライビングを大きく改善し、完走を果たしました。

勝田貴元

今回のラリーは、自分にとって本当に貴重な経験になりました。
金曜日朝のステージはとても難しい路面コンディションで、想像していた以上に滑りやすい状態でした。
そのためアプローチを変更し、まずはステージを走り抜くことに集中しました。
そして午後はドライビングを改善し、クルマの性能をもっと引き出すようにしたところ良いタイムが出たので、満足しました。

土曜日は、前日と全く違うターマックでの戦いとなりましたが、朝最初のステージでクルマにトラブルが起きてしまいました。
しかし幸いにもステージを走り切ることができ、チームはサービスでクルマを完璧に直してくれました。
午後はステージを初めてフルスピードで走ったので決して簡単ではありませんでしたが、ドイツの時よりも速いペースで走ることができました。

そして、日曜日はとても良いステージで、より大きな自信を持って走れました。
最後までラリーを走り切り、多くの経験を蓄積できたので良かったと思います。
良いタイムを出せたステージもあれば、少しミスをしたステージもあり、その全てが将来に向けて意味を持つ学びになりました。

ヤルッコ・ミエッティネン(インストラクター)

ヤリスWRCで出場した今回のスペインで、タカのドライビングはさらに進化しました。
初めて出たドイツの時と比べると、全体的に1kmあたり0.5秒以上速くなりました。
特に金曜日のグラベルステージは本当に良い走りだったと思います。
各ステージのセクタータイムを見ると、WRCのトップドライバーに匹敵するスピードの区間もありました。
もちろん、ステージ全体を通して高いパフォーマンスを発揮する力はまだありませんが、今後経験を積み重ねれば、世界最高のドライバーたちと対等に戦えるようになるでしょう。
このラリーでは、注意深く走らなければならない難しい区間がいくつかありましたが、タカは一貫性のある走りでミスなく高いレベルでヤリスWRCを操り続けました。
それこそが、われわれの今シーズンの目標のひとつでしたので、タカとダンは本当に良くやったと思います。

■次回のイベント情報

勝田の次戦は、11月9日(土)から10日(日)にかけて日本の中部地方で開催される「セントラルラリー愛知・岐阜2019」です。
このターマックラリーは、来年2020年の開催が決まったWRC日本ラウンドのテストラリーとして位置づけられ、多くの国内トップドライバーが参戦を表明しています。
勝田にとっては約3年ぶりの国内ラリー出場となりますが、愛知県長久手市の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)を中心に開催されるこの1戦に、勝田はヤリスWRCで参戦します。

|

« WRC2:2019年シリーズ・ポイント表(Rd.13/14) | トップページ | オーストラリアラリーはイベント・キャンセルに »