« WRC:Rd.7 ラリー・モンツァDay4結果(最終:SS.16) | トップページ | WRC:2020年シリーズ・ポイント表(最終:Rd.7/7) »

2020/12/07

トヨタ・チーム 第4日目リポート

Toyota Yaris WRC (C)Toyota Gazoo Racing
拡大します

2020年12月7日
トヨタ自動車株式会社
GAZOO Racing Company

WRC 第7戦 ラリー・モンツァ デイ4
オジエがWRC初開催のモンツァで優勝
通算7回目のドライバーズタイトルを獲得する

12月6日(日)、2020年FIA世界ラリー選手権(WRC)の最終戦となる第7戦「ラリー・モンツァ」の最終日デイ4が、イタリアのミラノ近郊モンツァ・サーキット内で行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのセバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組(ヤリスWRC 17号車)が優勝。
今季2勝目を記録し、通算7回目となるワールドチャンピオンに輝きました。
また、カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(69号車)は総合5位で、前日のデイリタイアを経て再出走したエルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(33号車)は総合29位で完走を果たしました。

ラリー・モンツァの最終日デイ4は、モンツァ・サーキット内で3本のステージが行なわれました。
オープニングのSS14は、デイ3までに既に2回走行している全長10.31kmのステージ。
デイ3終了時点で総合2位のライバルに17.8秒差を築いていた首位のオジエは、このSS14でベストタイムを記録。2位との差を25.5秒に拡げました。
続くSS15と、その再走ステージでボーナスの選手権ポイントがかかる「パワーステージ」に指定されたSS16をミスなく走り切ったオジエは、最終的に2位のライバルに13.9秒差をつけて優勝。

今季2勝目を飾るとともに、2018年以来となる通算7回目のドライバーズタイトルを獲得しました。
オジエは、トヨタのクルマでドライバーズタイトルを勝ち取った5人目の選手となり、ヤリスWRCは昨年のオィット・タナック、今年のオジエと、2年連続でトヨタのドライバーを世界王者に導きました。

ラリー後の表彰式では、優勝マニュファクチャラーを代表してトミ・マキネンもポディウムに立ち、チーム代表として戦った最後のラリーでオジエ、イングラシアと喜びを分かち合いました。
マキネンは2021年より、トヨタのモータースポーツアドバイザーという立場で活動を見守ることになります。

非常にトリッキーなコンディションのステージでクレバーな走りを続けたロバンペラは、総合5位でフィニッシュしポイントを獲得。
シーズン7戦中6戦でトップ5フィニッシュを果たすなどポイントを積み重ね、ドライバー選手権5位でWRカー参戦初年度を締めくくりました。

また、デイ3で一時総合3位につけるもコースオフでデイリタイアを喫したエバンスは、再出走を果たし総合29位で完走。
最終のパワーステージでは3番手タイムを記録してボーナスポイントを獲得し、オジエと8ポイント差のドライバー選手権2位でシーズンを終えました。

また、チームは今回オジエとロバンペラの活躍によりマニュファクチャラーズポイントを加算しましたが、首位のライバルを逆転するには至らず。
5ポイント差のマニュファクチャラー選手権2位で2020年シーズンを締めくくりました。

なお、TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムにより、ヤリスWRCで出場の勝田貴元は、ラリー最終日も好調を維持。
SS14では4番手タイムを記録し、パワーステージのSS16ではWRC参戦後初のベストタイムを記録。
困難な4日間の戦いを経て、確かな成長をタイムで証明しました。

豊田 章男 (チーム総代表)

セバスチャン、最終戦モンツァでの優勝、そしてシーズンチャンピオン獲得おめでとう!

チームメンバーから「出発1分前のオジエ選手です」と写真が送られてきました。
もう出発という瞬間まで、君はパソコンの画面に向かいコースのデータ確認をしていました。
その後、「SSの前のオジエ選手です」という写真も送られてきました。
そんな時でも君はいつも通り、貴元の質問に丁寧に答えてあげてくれていました。
チャンピオンを獲ってくれたことも本当にうれしいですが、これらの写真を見て、君がTOYOTA GAZOO Racingを選んでくれて本当によかったと思いました。
一緒に戦ってくれてありがとう。

残念ながらチームとしてのタイトルは逃してしまいました。
れわわれのつくったヤリスWRCにも何か足りないものがあり、チームとしても足りないことがあったということだと思います。
もしかしたらエルフィンは、チームタイトルを獲れなかったことが、自分のコースオフのせいだと感じているかもしれません。
そのコースオフによって、彼は自身のチャンピオン獲得からも遠のきました。
一番悔しい想いをしているのはエルフィン自身の筈です。
しかし、彼はサービスに戻り、開口一番「チームタイトルに貢献できず申し訳ない」と言ってくれたそうです。
チームタイトルを逃したことは悔しいですが、チームのために走ってくれていたこの言葉はうれしく思いました。

カッレも今年1年で大きく成長してくれました。
貴元も本当に頼もしいドライバーになってくれています。
モンツァの最終ステージでは全ドライバー中トップタイムを貴元は出してくれました。
この選手たちと2020年のシーズンを戦えて本当に良かったと思います。
一緒に戦ったドライバー、コ・ドライバー、メカニック、チームスタッフのみんな、大変なシーズンでしたが、本当にお疲れさまでした。
本当にありがとう。

そして、今回のラリーは、トミがチーム代表を努める最後のラリーでした。
トミ……、君とも一緒に戦って来れて本当に良かったと思っています。
WRCに出ることを決意して、そのクルマづくりとチームづくりをトミにお願いしました。
実は、当時、少し無理なお願いをしたかなと思っていました。
しかしトミは、本当に1年の準備期間でクルマもチームもつくり上げてくれました。
しかも、デビュー戦のモンテカルロで2位表彰台、その次のスウェーデンで優勝です。
その後、苦しい戦いもありましたが、その経験のひとつひとつを、われわれのクルマを強くすることに繋げていってくれました。
2018年のフィンランドで優勝して、一緒にヤリスの屋根に上ったのは最高の思い出です。
トミがヤリスを強くし続けてくれたおかげで、われわれは新たにGRヤリスをつくることもできました。
トヨタがラリーへの参戦を通じてクルマづくりを変えて来れたのもトミがいてくれたからこそです。
先日発表のとおり、トミはモータースポーツアドバイザーという役割に変わります。
引き続き、トヨタのもっといいクルマづくりに力を貸してもらいたいと思います。

最後になりますが、大きな変化の中で臨機応変に7戦のラリーを開催いただいた主催者の皆さま、そして変わらず応援を続けてくださったファンの皆さま、1年間本当にあり
がとうございました。
2021年も世界のあらゆる道でライバルチームの皆さまと共に走れることを願っております。

トミ・マキネン (チーム代表)

今年もドライバーズタイトルの獲得に成功し、しかも選手権2位も獲得できたので素晴らしい気分です。
ドライバーもコ・ドライバーも、皆本当に良くやってくれましたし、良いシーズンでした。
セブが7回目のタイトル獲得を、われわれのクルマで成し遂げてくれたのは信じられないくらいうれしいことですし、エルフィンも我々が契約を結んだ時の期待にしっかり応えてくれました。
そして、チームの全員にも感謝しています。
彼らは本当に素晴らしい仕事をしてくれましたし、今後もこれまでと変わらずいい仕事を続けてくれるだろうと確信しています。

今回の結果は、強固なチームワークと、皆の頑張りによってもたらされたものです。
これからも間近で彼らのフォローを続け、常に見守っていきたいと思います。

セバスチャン・オジエ (ヤリスWRC 17号車)

もちろん、今日はとても良い日です。
信じられないような週末でしたし、本当に、本当に難しいラリーでした。
間違いなく、最終ステージは自分のキャリアの中であまり楽しめないステージのひとつでした。
路面はとても荒れていたので、とにかく生き残り、ミスをしないように走りました。
ここに来た時、われわれはこのラリーで勝つことだけを考えていました。
序盤は非常に接戦でしたが、自分たちの計画に従って攻めの走りを続け、プレッシャーをかけ続けました。

エルフィンに起こったことは、タイトル獲得を狙うわれわれにとって非常に大きな事件でしたし、素晴らしいシーズンを戦ってきたエルフィンとスコットに同情を禁じ得ませんでした。

チームはマニュファクチャラーズタイトルの獲得を渇望していると感じていましたし、われわれは3人のドライバーで5人のライバルを相手に戦い、あと一歩のところまでいきました。
私が獲得した7回目のドライバーズタイトルはチームが成し遂げたものでもあり、彼らなしでは実現できなかったことなので感謝していますし、キャリアの延長として戦う2021年が今から楽しみです。

エルフィン・エバンス (ヤリスWRC 33号車)

昨日のようなことが起きてしまった後で、今日再び走り始めるのはもちろん簡単ではありませんでした。
目標をパワーステージに置き、ペース自体はとても良かったのですが、難しいコンディションで2回もストールしてしまったのは残念です。
それでも、少しポイントを獲得し、選手権ではセブのすぐ後ろの順位を確保できました。

セブ、ジュリアン、タイトル獲得おめでとう。
選手権2位はもちろん自分が望んでいた順位ではありませんが、それでも決して悪くはありませんし、去年までと比べても良い結果です。
TOYOTA GAZOO Racingでの1年目は本当に楽しかったですし、チームのモチベーションはとても高いので、今後も改善を続けていけば来年はさらに上の順位を得られると信じています。

カッレ・ロバンペラ (ヤリスWRC 69号車)

本当にトリッキーな週末でしたし、今日はそれを最後まで戦い抜くための1日でした。
パワーステージのグラベルセクションはとても荒れていたので注意深く走りましたが、ちゃんと完走できて良かったです。
ワールドラリーカーで臨んだ最初のシーズンは、自分でもとても良い戦いができたと思います。
いくつかのラリーでは不運に見舞われましたが、同じくらい良い週末も過ごしました。
重要なのは、シーズンを通して安定した戦いができたことと、自分が速く走れると証明できたことです。
チームに心から感謝するとともに、セブとジュリアンのタイトル獲得を祝福します。

トヨタのクルマでWRCドライバーズタイトルを獲得した選手

1990: カルロス・サインツ (セリカ GT-Four ST165)
1992: カルロス・サインツ (セリカ ターボ 4WD ST185)
1993: ユハ・カンクネン (セリカ ターボ 4WD ST185)
1994: ディディエ・オリオール (セリカ ターボ 4WD ST185)
2019: オィット・タナック (ヤリス WRC)
2020: セバスチャン・オジエ (ヤリス WRC)

|

« WRC:Rd.7 ラリー・モンツァDay4結果(最終:SS.16) | トップページ | WRC:2020年シリーズ・ポイント表(最終:Rd.7/7) »