« WRC2:2021年シリーズ・ポイント表(Rd.6/12) | トップページ | 勝田貴元(トヨタ)、サファリ・ラリー・ケニア・リポート »

2021/06/28

トヨタ・チーム 第4日目リポート

Toyota Yaris WRC (C)Toyota Gazoo Racing
拡大します

2021年6月28日
トヨタ自動車株式会社
GAZOO Racing Company

WRC 第6戦 サファリ・ラリー・ケニア デイ4
オジエが今シーズン4回目の勝利でサファリ・ラリー初制覇
WRCチャレンジプログラムの勝田は総合2位で初表彰台を獲得

6月27日(日)、2021年FIA世界ラリー選手権(WRC)第6戦サファリ・ラリー・ケニアの競技最終日、デイ4がナイバシャ湖の周辺で行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのセバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組(ヤリスWRC 1号車)が優勝。
今シーズン4勝目を飾り、ドライバー選手権首位の座を守りました。
また、カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組 (69号車)は総合6位、エルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(33号車)は総合10位と、前日のデイ3よりも順位を上げ、ポイントを獲得しました。
なお、TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムの勝田貴元/ダニエル・バリット組(18号車)は、自己最高位の総合2位でフィニッシュ。WRCで初めて表彰台を獲得しました。

19年ぶりにWRCを迎えたサファリ・ラリー・ケニアの最終日は、ナイバシャ湖の周辺で5本のステージが行なわれました。
そのうち、SS15「ヘルズゲート1」は、当初の予定よりも4.93km短い5.63kmに短縮され、5本のステージの合計距離は48.56kmでした。
最終日も朝は気温12度と冷えこみましたが、日中は24度程度まで上昇し、ステージの路面は1日を通してドライコンディションが保たれました。

デイ3で総合3位に順位を上げたオジエは、総合2位の勝田と18.1秒差でデイ4をスタート。
ふたりは最後までクリーンファイトで順位を争いました。
オジエはまず、オープニングのSS14でベストタイムを記録。
そのステージでは首位のライバルがクルマにダメージを負い、その後リエゾンでリタイアしたことにより続くSS15で勝田が首位に立ちましたが、オジエも0.8秒差の総合2位に順位を上げました。
続くSS16でオジエは勝田を0.8秒上回るタイムを記録し、総合タイムで並び首位に。
SS17では今大会7回目のベストタイムで8.3秒差をつけ、最終のSS18では差を21.8秒に拡大し、前戦ラリー・イタリア サルディニアに続いて優勝し今シーズン4勝目を飾りました。
また、ドライバー選手権ではパワーステージで4番手タイムを刻んで得たボーナスの2ポイントも加算し、首位の座を堅持。
選手権2位のエバンスに対するリードを34ポイントに拡大しました。
なお、オジエの優勝により、トヨタはWRCとして開催されたサファリ・ラリーで、通算8回目の勝利を獲得しました。

デイ3終了時点で総合7位につけていたロバンペラは、安定した走りを続け、SS15で総合6位に順位を上げました。
そして、最終のパワーステージでは2番手タイムを記録しボーナスの4ポイントを獲得。また、デイ3終了時点で総合12位につけていたエバンスは総合10位に入り、パワーステージは3番手タイムでボーナスの3ポイントを加算。
ドライバー選手権2位の座を堅守しました。
チームは、オジエとロバンペラ、エバンスが獲得したポイントにより、マニュファクチャラー選手権首位を守り、2位のライバルに対するリードを59ポイントに拡大しました。

豊田 章男 (チームオーナー)

セブ、ジュリアンおめでとう!
ファンの皆さまも応援ありがとうございました!
だけど…今日は先にこっちの想いを爆発させることを許して欲しいです。
タカ!本当にすごい!少し悔しいけど、すごく嬉しい!
あのセブをリードして最終日を迎え、そのままずっと優勝を争って2位表彰台!
震えるほど感動しました。
今日は昼から君のお父さんとずっとタカのことを見守ってました。
二人とも、タカのことが気になって他のことが何も手につかず、ことあるごとにラインで会話をしていました。
今日は仕事が休みで本当によかった。
君のお父さんは仕事だったみたいですが(笑)
初めて走る厳しい道で、世界最高のドライバーとトップ争いをしながら走り切る…
タカはこの一戦だけで今までの何倍も成長したと思います。
今シーズン、残り6戦、最後はラリージャパンもある。
さらに楽しみでしょうがなくなりました。

だけど、やっぱりセブはすごい!
それも今回、心から思ったことでした。
ケニアの道は写真を見ているだけでも、いかに厳しいかが伝わってきます。
最後の3ステージ、タカに追いつき抜いていく走りをセブができたのは、そんなに厳しい道でも、タイヤを大切にしながら走っていたからだと思います。
そんな尊敬すべきドライバーがTOYOTA GAZOO Racingの一員として戦ってくれていること、そして、その走りを我々の仲間の成長に繋げてくれていることに心から感謝します。
チームのみんなにも感謝の言葉を伝えたいと思います。
19年ぶりのケニア開催でした。
アフリカの道はみんなにとって初めての経験です。
過去の経験値がない中で、レッキの情報を日夜分析したエンジニアの頑張りで、ドライバーたちは安心して走り出せました。
ケニアの現地にいたメンバーも、フィンランドからサポートしてくれたメンバーも、みんなのおかげです。ありがとう。
エルフィンとカッレは残念ながら途中で戦線離脱となってしまったけれど、その後の走行で得た情報をチームに共有してくれていたおかげで、セブとタカは最後まで、トップ争いができたと思います。
エルフィン、スコット、カッレ、ヨンネ、ありがとう!
シーズン後半戦、もっと安心して走れるクルマを用意していくことで、恩返しすることを約束します。
リエゾンを走り抜けるシーンも見せてもらいました。
子供たちが手を振り、動物たちが一緒に走り、国をあげて、ラリーを迎える雰囲気を感じました。
ケニヤッタ大統領もWelcome Backというメッセージを出されていました。
ケニアの皆さまにも感謝申しあげます。
数ヶ月後に迫ったラリージャパンも、同じような温かい雰囲気で、多くのラリーストを迎えられたらと願います。

最後に、もう一組感謝の気持ちを伝えさせてください。
アフリカにいる豊田通商の仲間達が、現地で応援してくれていました。
そして現地の様子をわれわれ日本の仲間に伝えてくれていました。
お陰で私たちTOYOTA GAZOO Racingは、ケニアも母国の道として走ることができたと思います。
アフリカのトヨタファミリーのみんなに感謝します。
ありがとうございました!
HATU JAMBO!ASANTE SANA!
(私たちは元気です!とてもありがとう!)

追伸
表彰セレモニーで手違いでしょうか…君が代ばかり流れていました。
セブとジュリアンには申し訳ない思いもありましたが、ケニアで流れた君が代はとても誇らしく、何度も聞けたことは素晴らしかったです。

ヤリ-マティ・ラトバラ (チーム代表)

素晴らしい週末を戦い、その最後に特別な日を迎えることができました。
金曜日から厳しい戦いが続いていましたが、約20年ぶりのWRC開催となるこのクラシックラリーで、1-2フィニッシュを飾ることができました。
この勝利は、われわれが耐久性と一貫性を備えていたからこそ得られたものであり、決してあきらめない姿勢とチームの献身にも支えられました。
問題を抱えたときでもセブは冷静でしたし、チャンスが訪れるとすかさずアタックして勝利を引き寄せました。
また、貴元が初めて表彰台に上ったことも大変うれしく思います。
彼の成長は驚くべきもので、今回の結果を得るにふさわしいと思います。

セバスチャン・オジエ (ヤリスWRC 1号車)

サファリ・ラリーで優勝することができて素晴らしい気分です。
金曜日にトラブルに見舞われた後は、勝てる可能性が残されているとは思っていませんでしたが、可能な限り多くのポイントを獲得するため、最後までベストを尽くしました。
サファリでは何かが起きると思っていましたが、実際その通りになりました。金曜日のトラブル以降は非常に好調で、ペースはとても良く、マシンも素晴らしかったです。
両チャンピオンシップで大きく前進することができたので、チームにとってはとてもいい日になりました。

また、素晴らしい結果を残したタカを祝福したいと思います。最後に彼を捕まえるのは、
それほど簡単ではありませんでした。

エルフィン・エバンス (ヤリスWRC 33号車)

今日はボーナスポイント獲得を目指してパワーステージに挑みましたが、グリップする場所を見つけながら走るのはとても難しかったです。
金曜日にミスをしたことで、今回
数ポイントしか獲得できなかったのは残念です。
それでも、ステージの大部分を走り、将来のためにこのラリーの経験を蓄積することができたのは良かったと思います。
すぐに気持ちを切り替え、次のエストニアに集中しなくてはなりません。
チームとセブの優勝に加えて、タカとダンが表彰台に上ったことも本当にうれしく思います。

カッレ・ロバンペラ (ヤリスWRC 69号車)

パワーステージでボーナスポイントを獲得するチャンスを待っていた。
そして、とてもいい走りができたと思います。
かなりプッシュしましたが、ハードタイヤを2本装着したのはベストな選択ではありませんでした。
最大ポイントの獲得まであと少しでしたが、それでも4ポイントを獲得できて良かったです。
全体的には困難な週末となり、望んでいたものではありませんでしたが、素晴らしい仕事でクルマをいい状態に保ち続けてくれたチームには感謝しています。

次回のイベント情報

WRC次戦は、7月15日から18日にかけて、エストニアで開催される「ラリー・エストニア」です。
昨年、初めてWRCとして開催されたこのイベントは、ハイスピードでスムーズなステージが多く、ジャンプやアップ&ダウンもあるなど全体的にはラリー・フィンランドと似た特徴を持つグラベル(未舗装路)ラリーですが、独特のテクニカルなセクションも多くあるチャレンジングな1戦です。

|

« WRC2:2021年シリーズ・ポイント表(Rd.6/12) | トップページ | 勝田貴元(トヨタ)、サファリ・ラリー・ケニア・リポート »