« トヨタ・チーム 第3日目リポート | トップページ | WRC:Rd.6 サファリラリーDay1結果(SS.1) »

2021/06/07

勝田貴元(トヨタ)、イタリアラリー・リポート

勝田 貴元 (C)Toyota Gazoo Racing
拡大します

TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムに参加中の勝田貴元が、6月3日(木)から6日(日)にかけてイタリアのサルディニア島で開催された、2021年FIA世界ラリー選手権(WRC)第5戦ラリー・イタリア サルディニアに、コ・ドライバーのダニエル・バリットと共にヤリスWRCで参戦。
前戦ラリー・ポルトガルに続き、WRC自己最高順位となる総合4位で完走しました。

今シーズン最初のグラベル(未舗装路)イベントだった前戦のラリー・ポルトガルで、勝田は2本のステージベストタイムを記録し、WRCでの自己最高位となる総合4位を獲得しました。
今回のラリー・イタリア サルディニアもやはりグラベルイベントですが、全体的に道幅の狭い高速なステージが多く、道の両側には木や岩が迫るなど、少しのミスも許されないトリッキーなラリーであるため、前戦よりも厳しい戦いになることが事前に予想されました。
また、昨年10月の前回大会ではリタイアに終わったこともあり、今回は全20ステージをしっかり最後まで走りきることを最優先してラリーをスタートしました。

ラリー開始直後から勝田は好調な走りを続け、金曜日のデイ1はSS1からSS4まで総合5位をキープ。午後のステージでは何度かエンジンがストールしてタイムを失い、同じヤリスWRCをドライブするエルフィン・エバンスに抜かれて総合6位に順位を下げました。
しかし、土曜日のデイ2で多くのトップドライバーがミスやトラブルでリタイアを余儀なくされる中、勝田は大きなアクシデントやダメージを負うことなく堅実な走りを続け、総合4位に順位を上げました。

そして迎えた最終日のデイ3は、コ・ドライバーのバリットが暑さによる脱水症状で気分がすぐれなかったため、勝田はなるべくバリットに負担をかけないように慎重に走りましたが、それでも総合4位を最後まで堅守。2戦連続で表彰台にあと1歩と迫る好結果を残し、ドライバーとしての成長を結果で示しました。
なお、バリットはフィニッシュ後に医師の診断を受け、体調について特に問題がないことが確認されました。

勝田はこれで開幕から5戦連続でポイントを獲得し、ドライバー選手権のランキングは6位から5位に上がりました。
今シーズン全てのラリーで総合6位以内に入っているドライバーは、勝田とエバンスのふたりだけであり、今回の確実性を優先するアプローチが正解だったこと、そして速さと安定性のバランスが上手くとれていることが、リザルトにも表れています。

勝田貴元:今回のラリーでの自分の戦いには満足しています。
多くのことを学ぶことができましたし、ポジティブなことも多くありました。
特に土曜日はいろいろなことが起き、コーナリングライン上にあった大きな石にぶつかってコースアウトしそうになるなど、危ない瞬間もありましたが、それでも完走することができたのは大きな収穫です。
とてもいい経験をしましたし、次のラリーに向けていい学びを得ることができたと思います。

ユホ・ハンニネン(インストラクター):今回もまた、タカのラリーにとても満足しています。
非常に難しいイベントになるということを、彼はラリーに臨む前から理解していましたし、実際そうなったと思います。
今回は前戦までとは少し違うアプローチをとり、最大限にプッシュするのではなく、とにかくトラブルフリーで走ることを優先しました。
トラブルさえ回避することができれば、良い結果を得られるだろうとタカは考えていましたが、まさにその通りの展開になりました。
私としては、これから出場するラリーはタカにとって良いものになると確信していましたし、今回に関しては最も厳しい戦いになると予想していましたが、それでも総合4位でフィニッシュしました。本当に良いリザルトだと思います。

|

« トヨタ・チーム 第3日目リポート | トップページ | WRC:Rd.6 サファリラリーDay1結果(SS.1) »