« WRC:Rd.10 フィンランドラリーDay3結果(最終:SS.19) | トップページ | WRC:2021年シリーズ・ポイント表(Rd.10/12) »

2021/10/04

トヨタ・チーム 第3日目リポート

Toyota Yaris WRC (C)Toyota Gazoo Racing
拡大します

2021年10月4日
トヨタ自動車株式会社
GAZOO Racing Company

WRC 第10戦ラリー・フィンランド デイ3
エバンスが今シーズン2勝目を獲得
ヤリスWRCはラリー・フィンランド四連覇を達成

10月3日(日)、2021年FIA世界ラリー選手権(WRC)第10戦ラリー・フィンランドの最終日デイ3が、フィンランド中部ユバスキュラのサービスパークを起点に行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのエルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(ヤリスWRC 33号車)が優勝。第4戦ラリー・ポルトガル以来となる、今シーズン2勝目を獲得しました。
また、セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア組(1号車)は総合5位でフィニッシュし、ドライバー選手権首位を堅持。
前日のデイリタイアを経てデイ3で再出走したカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組 (69号車)は、総合34位で完走しました。

2年ぶりの開催となったラリー・フィンランドの最終日は、サービスパークの東側エリアで、2本のステージをサービスを挟むことなく各2回走行。
4本のステージの合計距離は45.74kmと、3日間で最短の1日でした。

最終日を迎えたユバスキュラ周辺は、久々に上空に青空が広がり気温も日中15度前後まで上昇。爽やかな天気の下、最後の戦いが繰り広げられました。
デイ2で首位に立ったエバンスは、オープニングステージのSS16を2番手タイムで走行し、その後は3ステージ連続でベストタイムを記録。
9.1秒だった総合2位のライバルとの差を14.1秒に拡げ、今シーズン2勝目を飾りました。

また、ボーナスの選手権ポイントがかかる最終のパワーステージも制したことにより、優勝による25ポイントに加え、ボーナスの5ポイントも獲得。
オジエが総合6位でフィニッシュするも、パワーステージでのボーナスポイント獲得はならなかったため、ドライバー選手権における首位オジエと2位エバンスの差は、24ポイントに縮まりました。
また、今回の結果によりタイトル獲得の権利を有するドライバーはオジエとエバンスのふたりに絞られ、チームは3年連続でワールドチャンピオンを輩出することが決まりました。
残り2戦で獲得できる最大ポイントは60ポイントであり、オジエとエバンスによるタイトル争いは次戦も続きます。

デイ2でデイリタイアを喫したロバンペラは、チームがサービスで修復したクルマで再出走。エバンスとオジエのいずれかに何かが起きた時に、マニュファクチャラーポイントを獲得できるようにと、チームの一員として最後まで戦い抜きました。
なお、チームは今回の結果によりマニュファクチャラー選手権首位を堅持。
2位のライバルとの差を61ポイントに拡げました。

ヤリスWRCは現行規定のWRカーにとって最後のグラベル(未舗装路)ラリーとなった今大会で通算25勝目を飾り、デビューイヤーの2017年からラリー・フィンランドでは負けなしの四連覇を達成。
また、今回の優勝により、トヨタは通算200回のWRCポディウムを獲得した、3番目のマニュファクチャラーになりました。

なお、プライベーターとしてヤリスWRCをドライブしたエサペッカ・ラッピは、4本中3本のステージで3番手タイムを記録し、総合4位でフィニッシュ。
TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムによりヤリスWRCで出場の勝田貴元は、前日のデイリタイアを経て再出走。
パワーステージを含む2本のステージで4番手タイムを記録するなど速さを示し、総合37位で完走しました。

豊田 章男 (チームオーナー)

今シーズンは4度のホームラリーがある筈でした。
ヤリスを開発・生産する日本でのラリー、チームが工場を構えるエストニア、そして本拠地であるフィンランドでの2度の戦いです。
2月のアークティックラリーは2位に留まり、7月のエストニアではカッレの頑張りで勝利できましたが、今回はチームが本拠を構えるユバスキュラが舞台。
本当の意味でのホームコースです。そして日本は中止になってしまったので、なんとしても勝ちたい…。
ドライバー達も、チームのみんなも、そして代表のヤリ-マティも、いつも以上にプレッシャーがかかっていたと思います。
その中でエルフィンとスコットが勝利し、ホームタウンのファンのみんなを笑顔にしてくれました。
ヤリスWRCが生まれた街、育てられた道に恩返しができたような気持ちです。

エルフィン、スコット、そしてチームのみんな、ありがとう。
二人は、今季、一度もリタイアせず必ず、最後のパワーステージまで走りきってくれています。
それによりヤリスは確実に強くなりました。
そのことにも心から感謝したいと思います。
セブとジュリアンは不利な出走順にも関わらず、着実な走りでポイントを獲得してくれました。
あと2戦、最高のシーズンエンドを迎えるべくセブらしい強い走りを見せて欲しいと思います。
カッレと貴元には、慣れ親しんだフィンランドの道でしたが、悔しさの残るラリーになってしまいました。
しかし、未来につながる学びがあったと思います。
いつか二人が地元のファンを笑顔にする日が来ることを期待しています。

今シーズンも残り2戦、引き続き、ヤリ-マティを中心にチーム全員が心をひとつにして走り抜いてください!
そして、チームのみんなが笑顔になれるシーズンエンド…ファンの皆さんに笑顔になってもらえるシーズンエンドをよろしくお願いします!

追伸 ヤリ-マティへ
自分でシャンパンを持たないポディウムはどうでしたか?
3年前にユバスキュラで君と一緒に上ったポディウムを思い出したよ。
前にも言ったけど、あの時、僕はオィットに渡されたシャンパンを真っ先に君の方に向けていた。
君と上れたポディウムが、それくらいうれしかった。
君もフロントに入ってしまったから二人で一緒にポディウムに上ることはできなくなってしまったけど、また現地で一緒に戦いたい。
その日が1日も早く来ることを願っています。
どっちがポディウムに上るかは、その時になったら相談しよう!

追伸 エサペッカとヤンネへ
カラーリングは違ったけど君たちが地元フィンランドで再びヤリスに乗ってくれてうれし
かった。
ヤリスで参戦し始めた2017年、チームにとっての2勝目をあげてくれたのがユバスキュラで走った君たちだった。
今回、惜しくもポディウムには立てなかったけど素晴らしい走りでの4位おめでとうございます!
3年ぶりのヤリスの乗り心地はどうだったか? また聞かせてください!

ヤリ-マティ・ラトバラ (チーム代表)

ラリー・フィンランドでの優勝は常に特別なことですが、われわれのチームにとってはなおさらのことなので、このラリーで再び勝つことができてうれしく思います。
今年は競争が非常に激しかったですが、エルフィンのパフォーマンスを見れば、われわれのクルマが速かったことはわかると思います。
正直なところ、彼は優勝候補ではなかったかもしれませんが、この週末最速のドライバーだったことが証明されました。
本当に素晴らしい仕事をしてくれました。
金曜日の夜、暗闇の中で行われたオィッティラのステージで、彼は何かを掴んだのか大きな自信を示し、その後トップに立つと最後まで順位を守り抜きました。
今回の勝利を、彼はとても誇りに感じることでしょう。
ドライバー選手権に関しては、チャンピオンの権利を持つのはセブとエルフィンの2人に絞られ、マニュファクチャラー選手権についても、非常に有利な状況になりました。

セバスチャン・オジエ (ヤリスWRC 1号車)

今日は、パワーステージでポイントを獲得することが目的でしたが、残念ながら、スタート直後にトラブルが発生してしまい、良いタイムを出すことができませんでした。
今回は自分たちのラリーではありませんでしたが、そういうこともたまにはあります。
とにかく、前を向いて進まなければなりません。
チャンピオンシップではまだいい位置にいますし、次のスペインとターマックラリーがとても楽しみです。
そこでどのように戦うべきかは、理解しています。
エルフィンは今週末素晴らしかったですし、良くやったと思います。

エルフィン・エバンス (ヤリスWRC 33号車)

チームのホームラリーで優勝することができて、特別な気分です。
似たような特徴を持つラリー・エストニアでは困難な戦いを強いられましたが、それもあって今回このような結果を残すことができて本当に良かったです。
事前のテストではクルマにいくつか変更を加え、金曜日の早い段階から大きな自信を得ることができました。
チームのみんなの働きに感謝しています。
この週末は、本当に楽しんで走ることができました。このクルマでフィンランドの道を走れて幸運だったと思いますし、その上で優勝できたのは特別なことです。
また、チャンピオンシップに関してもポジティブな結果になりました。
ドライバーズタイトルは依然難しい状況ですが、これからの全てのイベントでベストを尽くして戦います。

カッレ・ロバンペラ (ヤリスWRC 69号車)

今日は、ステージを全て走りきることに徹しました。
昨晩、チームは素晴らしい仕事でクルマを直してくれましたが、それでもダメージはかなり大きく、100%の状態ではなかったので、ジャンプをしたり、クルマにストレスをかけないように気をつけて走らなければなりませんでした。
また、自分自身も昨日から背中に痛みを感じていたので、必要な状況となった時にマニュファクチャラーポイントを獲得できるように、ステージを走りきることだけに集中しました。
エルフィンは素晴らしい仕事をしましたし、彼の優勝を祝福したいと思います。
私にとっては、多くを期待していただけに難しい週末になりましたが、次のスペインを楽しみにしています。

次回のイベント情報

WRC次戦は、約1週間のインターバルを経て10月14日から17日にかけて、スペインのバルセロナの南側に位置するサロウを中心に開催される「ラリー・スペイン」です。
2年ぶりの開催となるラリー・スペインは、近年グラベルとターマック(舗装路)の両路面を走行する「ミックス・サーフェス・ラリー」として行われてきました。
しかし、今年に関しては完全なターマックラリーとなり、新たなステージも加わります。
スペインのターマックステージは全体的に流れるようなコーナーが多く、また路面もスムーズなため、選手にとっては攻めがいのあるラリーといえます。

|

« WRC:Rd.10 フィンランドラリーDay3結果(最終:SS.19) | トップページ | WRC:2021年シリーズ・ポイント表(Rd.10/12) »