« WRC2:2022年シリーズ・ポイント表(Rd.4/12) | トップページ | 勝田貴元(トヨタ)、ポルトガル・ラリ・リポート »

2022/05/26

トヨタ・チーム 第4日目リポート

Toyota Yaris WRC (C)Toyota Gazoo Racing
拡大します

5月22日(日)、2022年FIA世界ラリー選手権(WRC)第4戦ラリー・ポルトガルの最終日デイ4が、ポルトガル北部マトジニョスのサービスパークを起点に行われ、カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組 (GR YARIS Rally1 69号車)が優勝、エルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(33号車)が総合2位でフィニッシュしました。
また、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team Next GenerationからGR YARIS Rally1で出場の勝田貴元は、昨年に続き総合4位を獲得。
前日のデイリタイアを経て再出走したセバスチャン・オジエ/ベンジャミン・ヴェイラス組(1号車)は、総合51位でラリーを終えました。

ラリー・ポルトガルの最終日は、サービスパークの北東に位置するファフェ周辺の山岳地帯が舞台に。
5本合計48.87kmのステージは、夜中に降った雨と一時的な小雨により、湿り気を帯びた路面もありました。
前日、チームメイトのエバンスに5.7秒差をつけて首位に立ったロバンペラは、オープニングのSS17でベストタイムを記録。
差を8.4秒に拡げました。
その後、SS19で差は6.6秒に縮まりましたが、続くSS20でロバンペラはベストタイムをマーク。さらに、ボーナスの選手権ポイントを獲得可能な最終のパワーステージ「ファフェ2」も制し、最終的にはエバンスとの差を15.2秒に拡げて優勝。

スノーイベントの第2戦ラリー・スウェーデン、ターマックイベントの第3戦クロアチア・ラリー、そしてグラベルイベントの第4戦ラリー・ポルトガルと、異なる路面でのラリーを3戦連続で制し、ドライバー選手権におけるリードを46ポイントに拡大しました。

デイ2で首位に立つも、デイ3の終盤ロバンペラに逆転され総合2位に順位を下げたエバンスは、攻めの走りで最終日を戦いましたが、優勝には届かず。
それでも今シーズン初めて表彰台に立ち、6本のベストタイムを記録するなど、今年ここまでもっとも充実した内容のラリーになりました。
また、2度のデイリタイアを乗り越え、グラベルでのクルマの特性を掴むために走り続けたオジエは、総合51位というリザルト以上に貴重な経験を積み、タフな展開となったラリー・ポルトガルを締めくくりました。
なお、GR YARIS Rally1は、3人のドライバーによって19本のグラベルステージのうち15本でベストタイムを獲得。
グラベルでも高いパフォーマンスを備えていることを証明しました。

デイ3で4本のステージ3番手タイムを記録し、総合3位に順位を上げた勝田は、ベテランのダニ・ソルド(ヒョンデ)と激しい表彰台争いを展開。最後のパワーステージで順位が入れ替わり、昨年のサファリ・ラリー ケニア以来となるポディウムフィニッシュを僅か2.1秒差で逃しましたが、それでも今季の最上位記録タイとなる総合4位を獲得。
勝田はドライバー選手権3位に順位を上げました。

<<豊田 章男 (チームオーナー)>>

カッレ、ヨンネ、優勝おめでとう!
3連勝は本当にすごい!
それもスノー、ターマック、グラベルでの3連勝。
どんな道でも勝てるGR YARIS Rally1を示してくれたことに心から感謝します。

そしてワンツーフィニッシュ!チームのみんな、ありがとう!
新車がグラベルでどれだけ走れるのか、チームのみんなも不安だったと思います。
そんな中で最初のグラベルステージでトップタイムを刻んでくれたのがエルフィンでした。
そのエルフィンの走りでみんなが安心できました。
2位の結果は悔しい気持ちもあると思いますが、今回のみんなの表彰台はエルフィンが導いてくれたものです。本当にありがとう。

貴元は惜しかった!
でも今日の4位も大きな経験になったと思う。
貴元が成長し続けてくれている事がうれしいです。
何度も言ってプレッシャーに感じてしまうと嫌ですが、ラリージャパンで貴元が走る姿を本当に楽しみにしています。
日本戦まであと8ラウンド、毎戦しっかり経験を積んで日本の道に戻ってきて欲しい…。
私をはじめ日本の”貴元ファン”は皆、心からそれを願っていると思います。

雪混じりのターマック、スノー、雨で濡れたターマック、そして今回のグラベル。
あらゆる道を経験しながらGR YARIS Rally1はポイントランキングをリードして前半3分の1を終えることができました。
1戦1戦を走り抜き、シーズン最後にこのクルマが一番強いクルマになれるよう、この先もチームメンバー心ひとつに走ってまいります。
ファンの皆さま、引き続き、応援よろしくお願いいたします。

追伸 セブへ
今回は悔しい結果でした。次はWECル・マンで長い長いターマックのラウンドですね。チームは別々ですが、タイヤを大切にしながらお互い長い道のりを走り抜きましょう!

追伸 ヤリ-マティへ
われわれも次はスーパー耐久富士24時間レースで長い長い道のりですね。
ヤリ-マティとは何年も同じチームにいますが、ドライバーとして一緒に走るのは初めてですね。
本当に楽しみです!
用意したクルマが慣れない右ハンドル車でごめんなさい。左手のシフト操作を練習しておいて! 一緒に水素エンジンを楽しみましょう!

<<ヤリ-マティ・ラトバラ (チーム代表)>>

GR YARIS Rally1で臨んだ最初のグラベルラリーで、素晴らしい結果を出すことができました。
とてもうれしいですが、チームが速くて信頼性の高いクルマを作ってくれたからこそ、ドライバーたちはこの週末素晴らしいパフォーマンスを発揮できたのです。
チームのみんなを誇りに思います。
カッレは、われわれの予想に反して見事優勝しました。
彼がこれほど早く成長し、ラリーをリードしているときのプレッシャーに対処できるようになるなんて、ちょっと信じられません。
エルフィンもまた、今回はクリーンで素晴らしい走りをしましたし、とてもいいラリーを戦ったと思います。
優勝まであと一歩でしたが、チャンピオンシップを戦う上で、本当に貴重なポイントを獲得しました。
さらに、貴元の戦いも見事でした。数秒差で惜しくも表彰台を逃しましたが、彼がこの週末素晴らしい走りをしたことは間違いありません。

<<セバスチャン・オジエ (GR YARIS Rally1 1号車)>>

1-2フィニッシュという素晴らしい結果を残したチームに、おめでとうと言いたいです。
私自身は、金曜日にトップ争いに加わろうかというタイミングで不運に見舞われ、厳しい週末になってしまいました。
それでも、グラベルでこのクルマの走らせかたを発見し、学ぶことができたのはポジティブなことです。
何キロか走ったことでクルマのことをよく理解できましたし、とても意味のある週末になったと思います。
ラリー終盤には、スタートした時よりもフィーリングがかなり良くなっていました。
今回の結果によって、このクルマがグラベルでも強いということが分かりましたし、チームと一緒に戦う次のラリーが楽しみです。

<<エルフィン・エバンス (GR YARIS Rally1 33号車)>>

素晴らしい走りで優勝したカッレに脱帽です。
われわれもいいスタートを切ったと思いますが、彼は週末にかけてどんどん速くなっていきました。
今日はフィーリングがあまり良くなく、完全にはリラックスすることができず、思うように力を発揮することができませんでした。
このクルマを自分のものにするためには、まだやらなければならないことがあるのは明らかですが、それでもグラベルでの最初のイベントとしては、全体的にパフォーマンスはとても良かったと思います。
今日の結果は残念でしたが、再び表彰台に上れたことはうれしいですし、ここからさらに上を目指していきたいと思います。

<<カッレ・ロバンペラ (GR YARIS Rally1 69号車)>>

今回の勝利は、自分でも少し予想外でした。
金曜日に出走順1番手でステージをスタートして、このように優勝争いをすることができるとは思っていませんでした。
それでも、前を走るクルマに離されないように頑張り、そこから巻き返すことができました。
走りのペースは最初から最後まで良く、問題も起きず、最大ポイントを獲得できたので本当に良かったです。
今回はコンディションが本当に厳しくて、ライバルのクルマにはいろいろなトラブルが起きていましたが、自分たちのクルマは常にパーフェクトだったので、チームにとても感謝しています。
チームのみんなにも、この結果を誇りに思ってもらいたいです。

<<次回のイベント情報>>

WRC次戦は、6月2日から5日にかけてイタリアのサルディニア島で開催される、第5戦「ラリー・イタリア サルディニア」です。
ラリー・ポルトガルに続く今季2戦目のグラベルイベントとなるこのラリーは、全体的にハイスピードなステージで構成されますが、道幅は狭く、道のすぐ脇まで木々や岩が迫るため小さなミスも許されません。
また、多くの路面は目の細い砂状のグラベルに覆われていますが、何台かラリーカーが走行すると下から硬い岩盤や石が現れ、深い轍(わだち)も刻まれるなど路面コンディションが大きく変わるのが特長です。
この時期は例年気温が高くなることが多く、ドライバー、クルマ、そしてタイヤにも厳しいラリーといえます。

|

« WRC2:2022年シリーズ・ポイント表(Rd.4/12) | トップページ | 勝田貴元(トヨタ)、ポルトガル・ラリ・リポート »