« WRC:Rd.6 ケニヤラリーDay3結果(SS.13/19) | トップページ | WRC:Rd.6 ケニヤラリーDay4結果(最終:SS.19/19) »

2022/06/26

トヨタ・チーム 第3日目リポート

Toyota Yaris WRC (C)Toyota Gazoo Racing
拡大します

2022年6月26日
トヨタ自動車株式会社
GAZOO Racing Company

WRC 第6戦 サファリ・ラリー・ケニア デイ3
ロバンペラが首位を守り、エバンスは総合2位にポジションアップ
勝田は総合3位、オジエは総合4位でGR YARIS Rally1がトップ4を独占

6月25日(土)、2022年FIA世界ラリー選手権(WRC)第6戦サファリ・ラリー・ケニアの競技3日目デイ3が、ケニアのナイバシャを中心に行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組 (GR YARIS Rally1 69号車)が総合1位を堅守。エルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(33号車)は総合2位に、セバスチャン・オジエ/ベンジャミン・ヴェイラス組(1号車) は総合4位に順位を上げました。
また、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team Next Generationから出場の勝田貴元は総合3位につけ、GR YARIS Rally1がトップ4を占めました。

サファリ・ラリー・ケニアのデイ3は、ナイバシャ湖近くのサービスパークを中心に、3本のグラベル(未舗装路)ステージをデイタイムサービスを挟んで各2回走行、6本のステージの合計距離は150.88kmと4日間で最長でした。
天気は午前中は曇り時々晴れでしたが、午後の最後の2本のステージでは強い雨が降り、路面は泥で非常に滑りやすくなり、大きな水溜まりがいくつもできるなど、トリッキーなコンディションとなりました。

デイ2でトップに立ったロバンペラは一日を通して堅実な走りを続け、3本のセカンドベストタイムと、1本のベストタイムを記録。
手堅く首位を守り、デイ2終了時点で14.6秒だったリードを40.3秒にまで拡げてデイ3を走破しました。
一方、前日総合3位のエバンスは、オープニングステージのSS8でベストタイムを記録し、勝田を抜いて総合2位にポジションアップ。
さらに、SS11でもベストタイムを刻みました。
SS11が終了した段階で首位ロバンペラとの差は15.8秒でしたが、大雨に見舞われた最後の2本のステージで、フロントウインドウに付着した泥により視界が悪化。
この2本のステージでロバンペラ
とのタイム差が大きく拡がりましたが、それでも総合2位で長い一日を終えました。
また、デイ2でラリーをリードしながらも、タイヤ交換により2分程度タイムを失い総合6位に順位を下げていたオジエは、確実性の高い走りでステージを重ね、大雨により難しいコンディションとなったデイ3最終のSS13ではベストタイムを記録。
総合4位まで順位を挽回しました。
オジエと総合5位のライバルとの間には8分21秒の差があり、チームは1-2-3-4フィニッシュを実現すべく、明日の最終日に臨みます。

ヤリ-マティ・ラトバラ (チーム代表)

4台全てがトップ4に入るというのは、本当に凄いことですし、素晴らしい一日になりました。
路面のコンディションは信じられないくらい悪く、ドライバーにとっては非常に困難な状況でした。
このような難しいコンディションでドライバーたちが冷静さを保ち、クルマもとても良く走り、高い信頼性を発揮したことを本当にうれしく思います。
われわれにとっては素晴らしい状況ですが、まだ長い距離が残っているので、明日も厳しい一日になるでしょう。
4台とも最後まで走り切ってくれたらもちろん最高ですが、このラリーでは最後まで何が起きるかわかりません。
自分たちができる限りの仕事をした上で、いい結果が得られることを祈るしかありません。

セバスチャン・オジエ (GR YARIS Rally1 1号車)

今日はただ速く走るだけでは順位を上げられないと分かっていたので、猛烈にプッシュすることはせず、トラブルを避けて最後まで走り切ることだけを考えていました。
今朝は、昨日よりはコントロールしやすいコンディションでした。
それでも路面は依然荒れていたので、あまりプッシュすることなく走ったのですが、良いリズムを保つことができました。
午後に雨が降った後はトリッキーなセクションがとても多く、リズムも大きく変化しました。
轍に水が多く溜まっているところもあり、そのような場所では気をつけなければならないと分かっていました。
コンディションが少し良くなったので、とにかくクリーンに走ることを心がけました。
自分よりも上の選手は全員チームメイトです。
誰にも不運なことが起こらず、このまま最後まで行ってトヨタにとって最高の結果になればと思っています。

エルフィン・エバンス (GR YARIS Rally1 33号車)

今日は他のクルマのタイムはあまり気にせず、コンディションを見ながら自分の走りをすることに専念しました。
午前中はとても上手く走ることができ、昨日よりは荒れそうな場所を予測することもできましたが、それでもスピードを常に正しく見極めることは簡単ではありませんでした。
また、午後のマディなコンディションでは、フロントウインドウのクリーニングに少し問題があり、かなり難しい状況でした。
リスクをできる限り抑えようと走ったのですが、あのようなコンディションでは突然のスライドを抑えることは不可能でした。
チームとしては素晴らしいポジションにつけていますが、明日は全てのステージを2回走りますし、特に2回目の走行はかなり興味深いことになると思います。

カッレ・ロバンペラ (GR YARIS Rally1 69号車)

予想通り、今日もタフな一日でした。
路面は昨日ほど柔らかくなかったのですが、それでも岩や轍が多くあり、クルマにとっては大変な路面でした。
自分たちの出走順では、石や荒れている場所を全て避けながらプッシュするのは簡単ではありませんでした。
午後は、本当にトリッキーなコンディションでした。
昨年は経験する機会がなかったので
、このラリーでレインコンディションを走るのは今日が初めてでしたが、グリップが全くなく、大きな水溜まりも多くあったので、本当に驚きました。
グリップする場所を見つけながら、できるだけクリーンに走ろうと試みました。
明日は他のラリーの日曜日よりもかなり長い距離を走るので、まだ丸々1日残っているようなものです。
何が起きるか分からないので、最後まで集中力を保ち続けなくてはなりません。

明日のステージ情報

競技最終日となる6月26日(日)のデイ4は、サービスパークの南側で3本のステージを各2回走行。
SS15/18「ナラシャ」は新しいステージとなり、SS16の再走となる最終ステージのSS19「ヘルズゲート2」は、トップ5タイムを記録した選手とマニュファクチャラーにボーナスの選手権ポイントが与えられる「パワーステージ」に指定されています。
6本のステージの合計距離は82.70km、リエゾン(移動区間)も含めた一日の総走行距離は358.00kmとなります。

|

« WRC:Rd.6 ケニヤラリーDay3結果(SS.13/19) | トップページ | WRC:Rd.6 ケニヤラリーDay4結果(最終:SS.19/19) »