« WRC:Rd.12 スペインラリーDay3結果(最終:SS.19/19) | トップページ | WRC:2022年シリーズ・ポイント表(Rd.12/13) »

2022/10/24

トヨタ・チーム 第3日目リポート

Toyota Yaris Rally1 (C)Toyota Gazoo Racing
拡大します

2022年10月24日
トヨタ自動車株式会社
GAZOO Racing Company

WRC 第12戦 ラリー・スペイン デイ3
オジエが今季初優勝、ロバンペラが総合3位でフィニッシュし
チームは二年連続でマニュファクチャラーズタイトルを獲得*

10月23日(日)、2022年FIA世界ラリー選手権(WRC)第12戦「ラリー・スペイン」の競技最終日デイ3が、スペイン北東部のサロウを中心に行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのセバスチャン・オジエ/ベンジャミン・ヴェイラス組(GR YARIS Rally1 HYBRID 1号車)が優勝。
カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組 (69号車)は総合3位で、エルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(33号車)は総合6位でフィニッシュし、チームは二年連続でマニュファクチャラーズタイトルを獲得しました*。

ラリー・スペインの最終日は、サービスパークの西側エリアで2本のステージをミッドデイサービスを挟んで各2回走行。
4本のステージの合計距離は56.10kmでした。
最終日の路面コンディションは全体的にドライ、オープニングステージのSS16は日が昇る前の朝7時のスタートとなりました。

デイ1、デイ2と首位を守り続けたオジエは、総合2位のティエリー・ヌービルに20.7秒、総合3位のロバンペラに22.1秒という差を築いており、オープニングのSS16とSS17は路面が非常にダーティだったため、安定性を重視してクレバーに走行。
その結果、ヌービルとの差は14.1秒に縮まりました。しかし、ステージの全体像を把握して臨んだ再走ステージ一本目のSS18では、ベストタイムを記録して15.8秒差に押し戻しました。
そして迎えた最終のパワーステージ、SS19でもベストタイムを記録。オジエは今シーズン初の、そしてGR YARIS Rally1 HYBRIDでの最初の勝利をあげました。
オジエの優勝は昨年の最終戦ラリー・モンツァ以来となり、ラリー・スペインでの優勝は4回目、WRC通算優勝回数はこれで55回に。また、今シーズンからオジエとコンビを組んだヴェイラスにとっては、初めてのWRC優勝となりました。

デイ2最後のステージで総合2位から総合3位に順位を下げたロバンペラは、挽回を期してデイ3に臨みました。
しかし、2本目のSS17で排水溝の蓋の上を通過した際タイヤにダメージを負い、10秒以上タイムロス。ヌービルとの差は14.7秒に広がり、逆転は困難な状況となりました。
それでもロバンペラは最後まで攻めの走りを続け、最終のパワーステージを3番手タイムで走破。
その瞬間、オジエのフィニッシュを待つことなくチームのマニュファクチャラーズタイトル獲得が決りました。
トヨタにとっては昨年に続き2年連続、通算6回目のマニュファクチャラーズタイトルとなり、WRC歴代3位の記録となります。

また、2017年にTOYOTA GAZOO Racing World Rally TeamとしてWRCに復帰してからは、3回目のマニュファクチャラーズタイトル獲得となります。
また、前戦ラリー・ニュージーランドでロバンペラがドライバーズタイトルを、ハルットゥネンがコ・ドライバーズタイトルを既に獲得していたため、チームは今年も3つのタイトルを全て手
にすることに成功しました。
デイ2でタイヤにダメージを受けて大きく遅れたエバンスは、ロバンペラと同じ場所でまたしてもタイヤにダメージを負ってしまいましたが、順位を下げることなく総合6位でフィニッシュ。
また、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team Next GenerationからGR YARIS Rally1 HYBRIDで出場の勝田貴元は、デイ2からひとつ順位を上げ、総合7位でラリー・スペインを締めくくりました。

豊田 章男 (チームオーナー)

チームのみんな、マニュファクチャラーズチャンピオンおめでとう!
昨年同様にドライバーズ、コドライバーズ、マニュファクチャラーズの全てのタイトルを獲ってくれて本当にうれしく思います。
そして、なにより“GRヤリスがトリプルチャンピオンカーになったこと”がうれしくて仕方がありません。みんなに心から感謝します!

チームタイトルを決めてくれたのはセブとベンジャミンでした。
振り返れば、新しい規定のクルマで臨んだ初戦モンテカルロでポイントを獲ってくれたのもセブ。
そして、最後にチャンピオンを決めてくれたのもセブ。
本当に頼もしい存在です。ありがとう。
カッレとヨンネは6回の優勝でチーム最大の功労者です。
エルフィンとスコットは苦しい
ラリーもありました。ですが、苦しい中でも諦めずに走り切ってくれたポイントが貴重なものになっています。
エサペッカとヤンネも悔しいラリーが多かったと思いますが、3度表彰台に上がりチームポイントを獲得してくれました。

貴元とアーロン。
二人はチームポイントには加わらない参戦ですが、君たちが得点圏内に入り続けてくれたことがチームチャンピオンを引き寄せてくれました。

4台のGR YARIS Rally1 HYBRID、10人のドライバー、それを支えた全てのスタッフ、パートナーの皆さま、そして応援しつづけてくれた全世界のファンの皆さま、みんなで獲った2022年のチャンピオンです。
皆さん、本当にありがとうございました!
日本では多くのファンが3週間後のラリージャパンを待っています。
チャンピオンに相応しい走りを日本の多くのファンに見てもらいたいと思います。
チームのみんなは、そのために、今夜は大喜びをして、また明日から最終戦に向けた準備を、よろしくお願いします!

追伸 ヤリ-マティへ
先日のヒストリックラリーで、また“ドライバー ラトバラ”に戻っていましたね。
その姿をSNSで見かけ「チーム代表の時よりドライバーの時の方が“良い笑顔”をするな
…」と思っていました。
しかし、今日は中継で“それ以上の良い笑顔”を見ることができました。
代表としてプレッシャーも多かったと思いますが、温かいチームづくりをしてくれて、結果も残してくれていること、心から感謝しています。
最終戦を終えたら、また一緒に走りましょう。
“ドライバー ラトバラ”の笑顔にも会えることを楽しみにしています。
明日からも健康第一!日本で待ってます!

ヤリ-マティ・ラトバラ (チーム代表)

チーム、そして3つのチャンピオンシップを獲得した今シーズンの成果をとても誇りに思います。
成功の要因は3つありますが、まず最初に挙げたいのは、カッレが最終ステージを走り終えた時に言ったように、われわれのチームには才能豊かなスタッフが揃っているということです。
そして二つ目は、全員が情熱と勝利に対する強い欲望を持っていること。
最後、そして最も重要なのは、皆が力を合わせて働いていることです。
これらの要素が全て揃えば、おのずと結果はついてきます。
セブはこの週末、なぜこれまで多くのタイトルを獲得してきたのか、その理由を速さで示しました。
彼には、他のチャンピオンたちと同じようにプラスアルファの力があり、それによって一線を画してきたのです。
カッレも非常に成熟したドライビングを続け、われわれは今回もダブルポディウムを獲得することができました。
ここスペインで3つ目のタイトルを獲得できたのは、素晴らしいことです。
これでもう少しリラックスして日本でのホームラリーに臨むことができますし、日本ではまた別のお祝いをできることを期待しています。

セバスチャン・オジエ (GR YARIS Rally1 HYBRID 1号車)

とても素晴らしい気分です。
最も重要なのは、チームの全員でマニュファクチャラーズタイトルを勝ちとったことです。
彼らはシーズンを通して、タイトル獲得に価する素晴らしい仕事をしてきました。
また、個人的にも、今年出場したイベントでは不運が続いていたので、優勝することができてとてもうれしいです。
とても楽しい週末になり、クルマはドライビングが非常に楽しく感じられ、タイムもついてきました。
しばらくこのクルマでターマックを走っていなかったですし、テストも一日だけだったので、ラリーが始まってすぐに速く走ることができたのはうれしい驚きでした。
金曜日は出走順があまり良くなかったので、なおさらです。
また、ベンジャミンが初優勝したことも本当にうれしいです。
ここまでカッレが6勝、私が1勝しているので、日本ではラッキーナンバーである8勝目を目指したいと思います。

エルフィン・エバンス (GR YARIS Rally1 HYBRID 33号車)

チームがマニュファクチャラーズタイトルを獲得したことは、もちろんとても嬉しいで
す。今年のために新しいマシンを作るのは大変な作業でしたし、素晴らしいシーズンを
送ってきたので、チームの皆を心から祝福したいと思います。ただし、私とスコットに
とってはあまりいい週末にならず、全体的にペースが良くなくて苦しんだので、今後に
向けて改善しなければなりません。この週末はセットアップやドライビングスタイルに
ついていろいろなことを考え、改善しようと試みました。それによっていい方向に進ん
だと思いたいですし、他にもいくつかアイデアがあるので、日本に向かう前に作業を進
めたいと思っています。
カッレ・ロバンペラ (GR YARIS Rally1 HYBRID 69号車)
チームを祝福し、感謝したいと思います。
素晴らしい才能を備えたチームのスタッフたちがいたからこそ、新しいクルマを最強で最速、そして最も信頼性の高いものにすることができたのです。
われわれ選手はただコクピットに座っているだけで良かったのですから、みんなに感謝します。
ただし、我々も今シーズンは自分たちの役割をしっかりと果たし、チームに多くのポイントをもたらすことができたので満足しています。
自分たちも含むチーム全員が、成し遂げたことを本当に誇りに思うべきでしょう。
今大会は、もし首位争いについていけるだけのペースがなかった場合、それを賢明に見極めて少しでもいい結果を残すことが目標でしたので、いい週末になりました。

セブは週末を通して非常に速く、自分が最高の力を発揮したとしても、彼についていくことはできなかったでしょう。
セブは優勝に値する戦いをしましたし、今回もわれわれの2台が表彰台を獲得することができたので、うれしく思います。

*後日、FIAの公式結果発表をもって正式決定となります。

次回のイベント情報

WRC次戦は、11月10日(木)から13日(日)にかけて、日本で開催される最終戦「ラリージャパン」です。
かつて日本では2004年から2010年にかけて北海道で、グラベル(未舗装路)ラリーとしてWRCが6回開催されました。
それから12年を経て、久々にWRCが日本を訪れることになりましたが、開催エリアは愛知県および岐阜県、路面はターマックと、完全に新しいイベントとして行われます。
サービスパークは愛知県豊田市のトヨタスタジアムに置かれ、4日間で19本のステージが行われる予定です。
ステージは全体的に道幅が狭くツイスティなコーナーが多いため、非常に精度の高いドライビングが求められます。

|

« WRC:Rd.12 スペインラリーDay3結果(最終:SS.19/19) | トップページ | WRC:2022年シリーズ・ポイント表(Rd.12/13) »